« 茶柱の立て方② | トップページ | 落葉の季節…? »

2006年9月 1日 (金)

夏の終わりに…水出し冷茶

Photo_10

内祝いに従妹にお茶(献上加賀棒茶セット)を送ったら、「冷茶にしたら、今まで味わったことのないクリアな味わいで驚いた」という手紙をもらった。私はおなかが弱いので、冷たいお茶はほとんど飲まない。でも、その手紙を読んだら、たとえ腹をこわしてでも冷茶が飲みたくなってきた。ただ、残念なことに「献上加賀棒茶」を切らしていたので、「加賀ほうじ茶」を使用。

冷茶(ほうじ茶)の美味しい淹れかた

1・茶葉大さじ3(約9g)をお茶パックに入れる。

2・新鮮な水(できれば浄水したもの)1リットルと、1のお茶パックを容器に入れ、冷蔵庫で3時間冷やす。(丸八製茶場HP参照)

一刻も早く飲みたかった私は、茶葉を少々多めに投入。待つこと1時間半。水色が程よい黄金色になったところで味をみたら、おおおお~、渋みや雑味がなくて、澄んでる澄んでる~。どこまでも透明で品がよい。

熱湯で淹れた場合は、香ばしさと程よい渋みの後にふんわりと爽やかな香りが鼻を抜けるが、水出しの場合は、口に含んだ瞬間から華やかな香りが一気に広がる。

「クリアと言うなら、味が平坦でつまらないのでは…?」と懸念していたが、そこそこ奥深さも持ち合わせている(それに関しては熱湯の方が上とみた!)

熱湯で淹れると、茶葉の持つあらゆるものを引き出すが、水だと茶葉の粋のみを抽出するのかもしれない…と思わせる味。

たとえお腹をこわしても、味わう価値のある1杯だった。

|

« 茶柱の立て方② | トップページ | 落葉の季節…? »

コメント

そっか、そうなのか~。冷茶好きの私ですが、いっつも熱湯で煎れてましたぁ。水出し…ぜひやってみます! んでもって茶の子さん、写真のグラスは、手作りなのでは!? このポッチョと渋い銀のライン、見覚えがありますぞ~。

投稿: パン子 | 2006年9月 1日 (金) 19時08分

そ、そうなのよ、ぱん子さん。あのグラスは私のラスト作品です。かわいいわが子も登場させてみました☆ ぱん子さんは煎茶の冷茶を飲んでいるんだよね。煎茶の場合は、0.5リットルに対して5gの茶葉を入れ、冷蔵庫に入れて20~30分くらい置くと美味しいらしいよ(時間は好みで調節を)。もし、少量の冷茶を作りたいときは、1人あたり5gの茶葉を急須に入れ、60℃にまで冷ました湯を注いで2分くらい置いて、氷を入れたグラスに注ぐって方法もあるよ! 氷で急速に冷やすから緑色が鮮やかに出るそう(ごめ~ん、まだやったことなくて)。ぜひ、試してみてちょ♪

投稿: 茶の子 | 2006年9月 1日 (金) 19時30分

そうなんだ~! 氷に注ぐ方法、やってみるみる! 煎茶って、緑茶だよねえ? それなのにいつも茶色っぽくなってしまって、なーんで緑色にならないんだろうって思ってたの。茶の子さん、ありがとう♪

投稿: パン子 | 2006年9月 2日 (土) 16時34分

そうそう、ぱん子さん。氷に注いで冷茶を作る場合、お茶は濃いめにね! 本当は深蒸し煎茶なんかがいいらしいけど、普通の煎茶(緑のお茶よ)だったら、いつもより浸出時間を長めにとってみてね~。美味しくできますよ~に。

投稿: 茶の子 | 2006年9月 2日 (土) 23時18分

へえ、水出しのお茶は味わいが違うんだね。
ほうじ茶の冷茶、すっきりと美味しそうです。

ところで、茶の子さんって冷たいお茶は飲まなかったっけ? よく覚えてない…。
私もお腹が弱いから、冷房のきんきんに効いた喫茶店で冷たいものを飲みすぎるとあとで大変な目に遭うことが多くって(笑)、夏場もついホットを頼んでしまいます。

投稿: 鈴吉 | 2006年9月 3日 (日) 23時59分

鈴吉さん、どうも~! 鈴吉さんも万年ホット派なのね~。私の場合、冷たいの飲んですぐにどうこう~って訳じゃないし、少量飲んでる分には問題ないんだけど、なんだか体全体がだるくなるのね~。でも、暑いときはゴクゴク冷たいお茶を飲みたくなるよ。丈夫な胃腸が欲しいだす。

投稿: 茶の子 | 2006年9月 4日 (月) 10時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夏の終わりに…水出し冷茶:

« 茶柱の立て方② | トップページ | 落葉の季節…? »