« 茶筒がほしくて… 柳桜園茶舗「香悦&金」 | トップページ | Tea・pi・o の「カモミールブラウン」を飲んでみる »

2008年1月11日 (金)

柳桜園茶舗「香悦」「金」飲みくらべ

前回の続きです~

それでは、茶葉をチェック。Photo

見たかんじ

個別に見たときは、あまり違いがないなと思いましたが、こうやって並べてみると明らかに違います。

基本的に両方とも、茎部分の多いほうじ茶。でも、「献上加賀棒茶」(丸八製茶場)のように、すべてが茎ではなく、葉部分とのブレンドです。

右の「香悦」を見ると、薄茶色の茎の隙間に黒っぽいのがちらちら見えて、「けっこうコゲた葉が混じってるな~」なんて、最初思いました。が、これ、よーく見てみると、黒じゃなくて緑がかった茶色。茎もうっすら緑のものがけっこう混じっているんです。

一方、左の「金」は、全体的に明るい茶色。葉部分も混じっていますが、こちらは「香悦」のもののように、緑色はあまり感じられません。また、「香悦」より茎の割合が若干多い気がしましたが気のせいかな…。

食べたかんじ

茶葉をつまんで食べてみたら、どちらも口に残らずサクサクっと食べられる状態(茎も葉も)。毎回、新しいほうじ茶を買うと、とりあえず茶葉をそのまま食べてみるのですが、このように食べられたのは今まで「献上加賀棒茶」くらいでした。これって、もともとの葉の違いなんでしょうか(繊維のやわらかい若い葉を使っているとか)、それとも焙じ方の違いなんでしょうかね。

淹れたかんじ

お湯を注いだそばから、香ばしいいい香りがします! どちらも、浸出時間30Photo_2 秒、100度の湯で淹れました。

どちらも、色は普通のほうじ茶ブラウン(少々薄め)。

苦味を結構強く感じたので、100度より少し低めの湯音で淹れた方が、マイルドに入るかも。湯音に段階を付けて試すことで、いろんな風味を楽しめる予感がします。

とにかく、香りがいいです!! 

決して焙じたことによる香ばしさだけじゃなく、お茶自体の華やかな香りも、煎茶とはまた違う形でしっかり残っていて、「ぷわ~~~、ぽわ~~~~」って感じです(うわー、語彙力なさすぎ…)そして、繊細で上品な味わい! このあたり、「献上加賀棒茶」に近いものがあります。

2杯目の味

2杯目を淹れてみてびっくり!! 美味しいんです、2杯目も!! 

ほうじ茶って1杯目でほとんど出てしまって、2杯目以降は頼りないものが多いのですが、これには感動。もちろん、一杯目と同じとはいきませんが、十分風味を楽しめるレベルで淹れることができました。ちなみに、3杯目もなんとかいけます。なんて優秀なお茶なんでしょう。

きっと、もともとのお茶の味が濃いんじゃないかな~。茶葉の量も、通常のほうじ茶より少々少なめにしてもしっかり味が出ました。 

香悦と金の違いは

ううーん。思ったよりその違いは微妙でした。

正直、「金」でも十分美味しいんです。なんたって「金」ですからね。名前に偽りありません。でも、比べると「香悦」のほうが香りが豊か。なんたってその名も「香悦」ですから。

ただ、「金」のほうがマイルドで、ごくごく飲むには向いているのかも。ほっとできる味です。まあ、私の中での使い分けの予定としては、「食後の一杯には『金』、とっておきのお菓子と一緒に『香悦』」って感じでしょうか。

京都の老舗のお茶屋さんということで、一保堂さんと並んで紹介されることも多いようですが、私は断然柳桜園さん派です~。

久々に1杯のお茶で心の臓をぐっとつかまれました。ああ、幸せ♪

残念なのは、HPがなく、気軽にネットで購入できないこと。

昨日お電話したときに、「14日まで新宿伊勢丹で出店してます」とおっしゃってたので、すんごく行きたいのですが、そのためだけに上京することもできず…ぐすっ。

いつか、京都の本店に行ってみたいです~。

(お気に入りの絵 その2)Photo_3

うさぎを投げ飛ばしたときのかえる。口からでてるのは雄たけびか…。毎晩、健康のために呼吸法をやってるのですが、息を吐き出すときはこのかえるをイメージ。とことん吐けます(笑)

Banner_02 人気ブログランキングへ!

もしよろしければクリックで「日々是ほうじ茶」を応援してください♪

|

« 茶筒がほしくて… 柳桜園茶舗「香悦&金」 | トップページ | Tea・pi・o の「カモミールブラウン」を飲んでみる »

コメント

はじめまして☆
私もほうじ茶が大好きなので、時々ブログを拝見させて頂いていました。
今回、私の大好きな「香悦」がご紹介されていたので思わず書き込んでしまいました。
鳥獣戯画のイラストもステキですよね。
私も六本木まで見に行きました。

香悦と金の違いは微妙なんですね。
いつも香悦なので今度「金」を買おうと思っていたので参考になりました。
柳桜園さんのHPはありませんが、タカシマヤのオンラインショッピングで購入できますよ☆

投稿: れいあ | 2008年1月11日 (金) 21時43分

れいあさんへ
コメントありがとうございます~♪ れいあさんは「香悦」ファンなんですね~。そして、鳥獣戯画も。ううーん、同じ香りがいたします(笑)  
金は、飲む前の勝手な想像で「安い分、きっと冴えないんだろう…」って思ってたんですけど、ぜんぜんそんなことありませんでした。金ちゃんごめんなさいって感じです。「香悦」のほうが香りが高く、インパクトが強いので、香悦に慣れていらっしゃるともしかしたら物足りなさを感じるかもしれませんが、私の中では「金」もほうじ茶トップクラスの味です(白茶筒もかわいいですし~)。れいあさんも今度ぜひ試してみてくださいね~。
あ、タカシマヤのオンラインショッピング、チェックしてみまーす。教えてくださって、ありがとうございました~。 

投稿: 茶の子 | 2008年1月11日 (金) 23時17分

こんばんわ。初めまして・・・。私もほうじ茶というか、お茶が大好きで、いつも楽しく、拝見させて頂いてます。
柳桜園さんの、お茶は私も大好きで、特に’香悦’は、丸八製茶の’献上加賀棒茶’と共に欠かした事がありません!!鳥獣戯画の、缶も素敵ですが、中身も本当に美味しいですよね☆
我が家では、法事の引き物に、’朝日’と言うお煎茶と’香悦’をお出しした事もあります。HPがないのが残念ですが、お店の方達も感じがいいですよ。タカシマヤのオンラインは、私もたまに利用してます。でも、一度は、京都のお店で購入してみたいですね。お抹茶も購入しましたが、さすが、三千家御用達と、言う感じでした。大好きなお茶屋さんです。

投稿: yasue | 2008年1月12日 (土) 00時05分

yasueさんへ
コメントをいただきありがとうございます~♪ 
献上加賀棒茶と香悦を欠かさない生活って、なんて素敵なんでしょう。お気に入りのお茶は花に与える水のようなもので、心をうるおわせてくれますものね。私も今回、香悦と金を体験して、常にそばに置いておきたい気持ちになりました。 
yasueさんはお茶に大変お詳しそうですね。オススメのお茶、お茶屋さんなどありましたら、今度教えていただけたらうれしいです~☆

投稿: 茶の子 | 2008年1月12日 (土) 16時14分

ちょうどほうじ茶を買いに行かなくちゃと思っていたのでとても参考になりました。
次は普段飲みの「金」の白缶に決めました。
伊勢丹には行けそうもないのでいつもの髙島屋で購入します。
京都には素敵なお茶屋さんがたくさんあるみたいですね。
私もいつか行ってみたいです。

投稿: arum | 2008年1月12日 (土) 22時23分

arumさんへ
京都で御茶屋さんめぐり、ステキですよね~。
白缶、いいですよー。絵の入り方がちまちまっとしてて、茶缶(香悦)とは少し違う趣(また、茶筒の話…)。私も今のお茶を飲みきったら、タカシマヤのオンラインで買いま~す。

投稿: 茶の子 | 2008年1月13日 (日) 13時35分

こんばんは。新年があけて結構経っちゃいましたが、あけましておめでとうございます。

柳桜園茶舗のほうじ茶気になります。僕は今、献上加賀棒茶飲んでますが、ほうじ茶のことを良く知らないので、とても参考になります。

献上加賀棒茶って今まで飲んだことなかったのですが、美味しいですね。なんで今まで買わなかったんだろう…。

なんとなく買った安い煎茶と、貰ったUCCの珈琲があんまり美味しくなくて、飲みきるのに苦労してます…。飲みきらないと新しいのが買えない。

投稿: Ryo | 2008年1月13日 (日) 22時58分

Ryoさんへ
こちらこそ、どうぞ今年もよろしくおねがいします~♪ 
Ryoさん、献上加賀棒茶デビューですね!! あのお茶をはじめて飲んだとき、心の底から「あー、なんておいしいんだろう」って思ったこと、今でも思い出します。もし、今のパックを飲みきったら、次回は「香悦」あたりをお試しになっては~。献上~に近い雰囲気ありますよ。
「あんまり美味しくないお茶」に悩まされること、たまにありますよね(笑) そもそも嗜好品なのに、なんでこんなに苦労して飲んでんだろう…って。でも、捨てるのももったいないですしねえ。ラテにしたり、(煎茶は)生姜や山椒入れて、ごまかし作戦で乗り切るって感じですかねえ~。早く新しいお茶を買えるようにお祈りしております、はい。

投稿: 茶の子 | 2008年1月14日 (月) 00時10分

みなさんお茶にお詳しいのね~。「香悦」「金」って名前だけ聞いたら、「金」の方が最上級って気がしちゃうけど、やっぱり香ばしさが命!のほうじ茶なだけに、「香悦」と名のつく方が高価になるのですね~。香りってやっぱり大事だものね、食欲、飲欲(とは言わないか?)をそそられるし。私この前またカンパーニュを焼いたんだけど、前夜から生地を仕込んでじっくり発酵させたら、焼いた後これまでにない芳醇な香りが漂ってきて驚いたんだ(でも味のちがいはさほど変わらなかった気がする・・・)。でもまだカンパーニュ修業から卒業できないの・・・。早く茶の子ちゃんに試食していただきたいのだけど~。

投稿: パン子 | 2008年1月15日 (火) 13時57分

こんにちは~。後でゆっくり書き込もうと思った、すごい~!やっぱり、茶色いお茶は、人気者ですね。ホッとしますよね~♪
柳桜園茶舗さんは、秋に京都へ行った時に、薦められたお店でした。缶がとてもかわいい!知らなかった~。
私も、白。買ってみようっと。教えていただきありがとうです。
茶缶って、微妙なポジションなんですが、こういうものだったらずっと使いたいですね。
う~ん、ほうじ茶。飲みたくなってきましたよん。

投稿: ゆう | 2008年1月16日 (水) 16時09分

パン子ちゃんへ
カンパーニュ修行、順調そうだね~!! 驚くような芳醇な香りって気になる~~~。お茶も、パンも風味が大事。私もさらなる香り高いお茶を求めて飲みまくるので、パン子ちゃんも納得のいくカンパーニュ目指して、作りまくっておくれ♪

投稿: 茶の子 | 2008年1月16日 (水) 16時43分

ゆうさんへ
柳桜園茶舗さん、老舗だとは聞いていましたが、ここまで人気が高いお茶だとは知りませんでした~(柳桜園の名前で検索される方がすごく多くてびっくり)。飽きられることなく、長く長く愛され続けるお茶って、すごいですよね~。ゆうさんがおっしゃるように、もともとお茶屋さんで入っちゃってる茶缶って微妙なものが多いですよね。私も戸棚の奥に眠らせてるの結構あります…。でも、これは、ずーっとずーっと使っちゃうと思います。ゆうさんもぜひぜひ~♪

投稿: 茶の子 | 2008年1月16日 (水) 18時42分

自己紹介:丸八の献上加賀棒茶を飲み始めて四半世紀過ぎ。
柳桜園茶舗「香悦」「金」が美味しいとの噂聞きつけて検索。
他に美味しいお茶は無いかとやってきました。
茶の状態だけで無く葉の状態まで丁寧なレポート、本当に参考になります。
一保堂茶輔のほうじ茶は未だ利かれてないのですか?
レポート楽しみにして居ります。

投稿: さて | 2015年5月 1日 (金) 18時30分

はじめまして。
献上加賀棒茶ファンですが、普段使いにはお値段が。。。
ということで、似たような(?)茎焙じ茶を探しさまよっています。
「香悦」「金」は必ず検索ヒットしますね。みなさんのコメントを読む限り、よりすっきり感の強い「金」の方が好みかしら?と想像を膨らませています。
ちなみに、近くのスーパーで売っている葉桐さんの「特上棒ほうじ茶」は100g850円くらいですが、けっこう好み。ネットではどこにも見つかりません(黄色いパッケージ)。
あと、私、ほうじ茶は葉(茎)をそのまま食べちゃうんですよね。
加賀棒茶なんて、絶品ですね。
やはり、食べてもおいしいので淹れても絶品なのですね。

投稿: | 2016年2月10日 (水) 14時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 柳桜園茶舗「香悦」「金」飲みくらべ:

« 茶筒がほしくて… 柳桜園茶舗「香悦&金」 | トップページ | Tea・pi・o の「カモミールブラウン」を飲んでみる »