« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月30日 (火)

今年出会った、愛すべきお茶道具

今年もあと残すところ、1日。
今年も振り返ればいろいろありました。
楽しいこと、悲しいこと、腹が立つこと、「生きててよかったー」と思えるくらいうれしいことも…。
そして、それらのどんな感情のときにも、側にはいつもあたたかいほうじ茶がありました。
それにしても、今年も飲んだなあー。
来年も飲むぞー!

さて、今年入手して、散々使って、重宝している道具なのに、うっかりブログでまだ紹介してなかった道具について書きます。

1・焙烙Photo_2

「これと同じの、前にも見たよー」といわれそうですが、実はこの子は二代目。一代目は、使用中にぱーんとヒビを入れてしまい、お茶を焙じるのが不可能となりました…。
いい具合に煤もつき始め、使い勝手もよく、すごーく気に入っていたので、とってもショックでした。未だにこの焙烙を見ると、胸が痛くなります…。
が、ゆうさんの計らいで、二代目を入手! 
新しい焙烙は、全く同じ種類ではありますが、少々小ぶり。そして、ゆうさんが持ち手を革で巻いてくださったので、持ち手をしっかりにぎることができ(前は熱かったので、フキンで巻いていた。フキンに引火したことも…)、一代目に勝るとも劣らぬ使い勝手!  もちろん、ほうじ茶の仕上がりもバツグン。手持ちの常滑のものよりも、どういう訳かふっくらいい具合に仕上がる。もう手放せません! ありがとう、ゆうさん♪

2・柳宗理デザインのステンレスケトル(やかん)Photo

2年ばかし使っていた、レトロなデザインのやかん(内側がホウロウ)をうっかり空焚き…。でも、その前から内側に錆びが発生していて「そろそろ買い換えるかなー」と思っていたのでした。このやかんに関しては、デザインに惚れて買ったものの、使い勝手が悪かった。持ち手が金属むき出しなので、そのまま持つことは出来なかったし、内側ホウロウ部分は、使い始めて数ヶ月で錆び発生。また、表面のざらざらした質感が洗いにくく、フキンで拭くと、布の繊維が引っかかる…などなど。見た目と使い勝手の良さは違うのだということを勉強させてもらいました。
その勉強の結果選んだやかんが、このステンレスケトル。
柳宗理氏のデザインするキッチン用品は、雑誌などで目に留めることはありましたが、じつはそれほど惹かれたことはありませんでした。が、このやかんに関しては、なんか前から引っかかってました。
見た目、もろ「やかんです」って感じなので、最初は「こんなの、同じようなやつがホームセンターとかに500円で売ってるんじゃないのー?」と思ってたんですが、意外とあるようでない。
・ 手なじみのいい持ち手のフォルム
・ 底の広さと安定感ある形
・ ステンレスのほどよい厚み
・ つや消しのステンレス
・ よく見ると愛おしさを感じさせる丸みあるライン
使ってみたら、底が広いのでお湯は早く沸くは、口が広くて中は洗いやすいは、表面が汚れにくく、今のところ焼け汚れ(高温でつく茶色い汚れ)もつく気配はないは、大満足です。
なんでしょう、いい道具って、ペットみたいにかわいがりたくなります。
やかんなんて、面倒くさがりやのこの私が、毎日かわいた布で磨いてます(笑) 
心を込めて磨くことで、なんだか可愛らしく育ってきた気がするんですよねー。気のせいかしら。
焙烙も、内側と底に、徐々に煤がついてきて、毎回表情を変えるんです。これは、気のせいではなく、確実に育つ道具! これから、どんなふうに育っていくのかホント楽しみです。
こんな愛すべき道具に出会えたことに感謝!
来年もいい出会いがありますように。
みなさまにとっても、ステキな1年となりますように!
来年もどうぞよろしくお願いいたしまーす♪

人気ブログランキングへ!
Banner_02

もしよろしければ、クリックで「日々是ほうじ茶」を応援してください♪

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2008年12月 1日 (月)

水戸黄門さまの「ごまなっとう」を食べた

水戸の駅前のみやげ物屋で、こんなお菓子を買いました。Photo


水戸黄門さまの「胡麻納豆(ごまなっとう)」

「納豆入りのおこし」みたいなかんじです。

胡麻の風味と、納豆の香りが鼻に抜けて、面白い味わい。

噛んでるうちに、ちょっぴり粘りも感じられます。

キャッチフレーズは、

懐かしい味と栄養の  素晴らしいハーモニー

ふーむ。

パッケージのうしろの、原材料名を見ると、

ドライ納豆、胡麻、小麦パフや粉類、砂糖、バターなどの油脂類のほか、納豆にはつき物の、からしも入ってました!

そういえば、ほのかにからしの刺激が感じられます。

たまにお土産屋さんをのぞくのですが、納豆を使ったお菓子がほかにもいろいろ。

「手土産に買ってみようかなー」

と思ったりもしますが、どうも物が物だけに、味を確認しないで人様に差し上げることもできず、

いつもためらってたのでした。

せっかく水戸に住んでるんだから、1つずつ試してみようかなー。

ちなみに、今回の「水戸黄門さまのごまなっとう」は手土産にできるか否か…。

納豆が好きで、ユーモアをわかってくださる方ならありって感じでしょうかー。

会話は盛り上がると思います。

美味しいことは美味しいけど、やっぱりちょっとカワリモノ菓子なんでね。

人気ブログランキングへ!
Banner_02

もしよろしければ、クリックで「日々是ほうじ茶」を応援してください♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »