« 水戸黄門さまの「ごまなっとう」を食べた | トップページ | 今年最初に飲んだほうじ茶は… »

2008年12月30日 (火)

今年出会った、愛すべきお茶道具

今年もあと残すところ、1日。
今年も振り返ればいろいろありました。
楽しいこと、悲しいこと、腹が立つこと、「生きててよかったー」と思えるくらいうれしいことも…。
そして、それらのどんな感情のときにも、側にはいつもあたたかいほうじ茶がありました。
それにしても、今年も飲んだなあー。
来年も飲むぞー!

さて、今年入手して、散々使って、重宝している道具なのに、うっかりブログでまだ紹介してなかった道具について書きます。

1・焙烙Photo_2

「これと同じの、前にも見たよー」といわれそうですが、実はこの子は二代目。一代目は、使用中にぱーんとヒビを入れてしまい、お茶を焙じるのが不可能となりました…。
いい具合に煤もつき始め、使い勝手もよく、すごーく気に入っていたので、とってもショックでした。未だにこの焙烙を見ると、胸が痛くなります…。
が、ゆうさんの計らいで、二代目を入手! 
新しい焙烙は、全く同じ種類ではありますが、少々小ぶり。そして、ゆうさんが持ち手を革で巻いてくださったので、持ち手をしっかりにぎることができ(前は熱かったので、フキンで巻いていた。フキンに引火したことも…)、一代目に勝るとも劣らぬ使い勝手!  もちろん、ほうじ茶の仕上がりもバツグン。手持ちの常滑のものよりも、どういう訳かふっくらいい具合に仕上がる。もう手放せません! ありがとう、ゆうさん♪

2・柳宗理デザインのステンレスケトル(やかん)Photo

2年ばかし使っていた、レトロなデザインのやかん(内側がホウロウ)をうっかり空焚き…。でも、その前から内側に錆びが発生していて「そろそろ買い換えるかなー」と思っていたのでした。このやかんに関しては、デザインに惚れて買ったものの、使い勝手が悪かった。持ち手が金属むき出しなので、そのまま持つことは出来なかったし、内側ホウロウ部分は、使い始めて数ヶ月で錆び発生。また、表面のざらざらした質感が洗いにくく、フキンで拭くと、布の繊維が引っかかる…などなど。見た目と使い勝手の良さは違うのだということを勉強させてもらいました。
その勉強の結果選んだやかんが、このステンレスケトル。
柳宗理氏のデザインするキッチン用品は、雑誌などで目に留めることはありましたが、じつはそれほど惹かれたことはありませんでした。が、このやかんに関しては、なんか前から引っかかってました。
見た目、もろ「やかんです」って感じなので、最初は「こんなの、同じようなやつがホームセンターとかに500円で売ってるんじゃないのー?」と思ってたんですが、意外とあるようでない。
・ 手なじみのいい持ち手のフォルム
・ 底の広さと安定感ある形
・ ステンレスのほどよい厚み
・ つや消しのステンレス
・ よく見ると愛おしさを感じさせる丸みあるライン
使ってみたら、底が広いのでお湯は早く沸くは、口が広くて中は洗いやすいは、表面が汚れにくく、今のところ焼け汚れ(高温でつく茶色い汚れ)もつく気配はないは、大満足です。
なんでしょう、いい道具って、ペットみたいにかわいがりたくなります。
やかんなんて、面倒くさがりやのこの私が、毎日かわいた布で磨いてます(笑) 
心を込めて磨くことで、なんだか可愛らしく育ってきた気がするんですよねー。気のせいかしら。
焙烙も、内側と底に、徐々に煤がついてきて、毎回表情を変えるんです。これは、気のせいではなく、確実に育つ道具! これから、どんなふうに育っていくのかホント楽しみです。
こんな愛すべき道具に出会えたことに感謝!
来年もいい出会いがありますように。
みなさまにとっても、ステキな1年となりますように!
来年もどうぞよろしくお願いいたしまーす♪

人気ブログランキングへ!
Banner_02

もしよろしければ、クリックで「日々是ほうじ茶」を応援してください♪

|

« 水戸黄門さまの「ごまなっとう」を食べた | トップページ | 今年最初に飲んだほうじ茶は… »

コメント

年の瀬、最後のご褒美をいただいた気分。
育ててくださって、ありがとう。
そういう“感じ”を共有できるところが、本当に嬉しい。
うちの子も、育ってるよ。
でも、今日。長く使った器を割っちゃった~!
昨日の夜中に、新しい食器が欲しいな~なんて、ネットで探しちゃったから、ぐずっちゃったのかな?
くすん。使いやすい道具から、消えていく。><)
また、新しい出会いを待つしかないね~。
また来年もよろしく。
ヤカンも、気になるな~。保温力がありそうですね。

投稿: ゆう | 2008年12月31日 (水) 14時48分

あけましておめでとうございます!
愛すべき道具に出会えたようですね。
柳宗理のケトルは私も気になってました。
やはり良さそうな感じですね。購入しようかしら~。
今年も茶の子さんセレクトのお茶の感想を楽しみ
にしています。
今年もよろしくお願いいたします♪

投稿: arum | 2009年1月 1日 (木) 23時10分

はじめまして。幼少の時から煎茶を飲まされ、自分で飲む事を選ぶようになってからはすっかりお茶の世界にはまり、遅ればせながら最近ほうじ茶のおいしさに気づいた者です!柳さんのやかんも愛用中〜。
しかしながら今ひとつ、(予算の関係上)満足する茶器を選ぶのが下手で...年も改まった事だし、こちらで少し勉強させて頂こうかなと思いました。
ちなみにほうじ茶は、人形町の「森乃園」というお茶屋さんで購入しています。まったくの素人ですが宜しくお願いします!

投稿: たまま | 2009年1月 5日 (月) 09時29分

茶の子ちゃん、あけましておめでとう~!
今年もどうぞよろしくねん♪

すっかりブログから遠ざかっていたよ、私。
金沢話の続きも、ごまなっとうも、今見たよ、私。
もう、流行についていけないよ、私。
パンも、作ってはいるけどアップしてないのよ~私っ!

ところで、道具も、愛情によって育つものなのね~。
名前とか、つけたくなるね。
顔とかも!・・・前つけてたよね、目。

ではでは、新年最初はどんなお茶が登場するのか
また楽しみにしてるね~。
私も復活せねば!

投稿: パン子 | 2009年1月 6日 (火) 16時35分

そろそろ帰ってきたかな〜??
私もブログは見ていましたが、コメントなしでごめんなさい。
やかんの件は私も納得。デザインが気に入って、お祝いに
頼んで買ってもらったやかん。かわいいけど、重いのよ〜。
それまで使ってたのが、彼仕様のアルミやかんだったからよけいに…。
でも、かわいいので許す!ってことで使い続けます。
ブログ見てますから〜。今年もよろしくね〜♪

投稿: なう | 2009年1月 7日 (水) 17時53分

ゆうさんへ
あけましておめでとうございます! お返事おそくなってすいませんー。大晦日から旅行に出かけ、昨日もどってきたところです。「使いやすい道具から消えていく」っての、すごくよくわかります! 使う頻度が高いから破損のリスクが高くなるのは当たり前なのだけど、ホントそういう時ってショックですよね…。形あるものはいつかは壊れるのだけれど、この焙烙とは、ずーっとずーっと末永くともに歳をとっていきたいですよー。ゆうさんの焙烙は、私のよりもうんと経験豊富だと思うのですが、いったいどんな表情をしてるのかしらん。いつか見せあいっこしましょうねー♪

投稿: 茶の子 | 2009年1月 7日 (水) 20時20分

arumさんへ
柳宗理のケトル、いいと思いますよー! つや消しとつやあり(というのかな?)の2つあるんですけど、個人的にはつや消しのほうが、お手入れがしやすいかな。早く沸くので、1日何回も沸かす我が家では、相当ガス代の節約になっています(たぶん)。日々「用の美」を実感してますー。
昨日、ハワイから戻りましたー! arumさんのブログや服装アドバイスのおかげで、快適に過ごせました♪ ありがとうございます(そうそう、ハウツリーの下で朝食食べてきましたですよん!)

投稿: 茶の子 | 2009年1月 7日 (水) 20時37分

たままさんへ
コメントをありがとうございましたー!
たままさんも柳ケルトをお使いなんですねー。おそろいおそろい♪ 茶器選び、じつは私、ぜんぜん自信がないんですよー。焼き物の知識もほとんどないですし、持っている茶器も最低限の数。たまーにでいいから、心にぐっとくるような道具との出会いがあればいいかなーと思っております。そしたら、またブログでご紹介しますので、よろしければ、またのぞいてやってください♪ 人形町の「森乃園」まだ、飲んだことがありませんー!! 今ネットでチェックしましたが、ほうじ茶カステラとかもあるんですねえ。興味津々。今度ぜひトライさせていただきます! 教えてくださってありがとうございましたー♪

投稿: 茶の子 | 2009年1月 7日 (水) 20時54分

パン子ちゃんへ
こちらこそ、今年もよろしくおねがいしまーす! そうそう、パン子ちゃんのブログ更新されないから心配してました。って、私も同じくらい更新してなかったけどね(^-^; 元気そうで、そして、パンもバリバリ作ってるみたいで安心したよー♪
確かに、道具に目つけてたね(笑) 急須の目は取ったけど、未だに掃除機とクイックルワイパーにはついてます(笑) でも、いい道具は、そんな目をつけなくても十分表情があるみたい。
パン子ちゃんの新しいパン、楽しみにしてるよー!! 毎日チェックしちゃうからねー!! うひひひ…。

 


投稿: 茶の子 | 2009年1月 7日 (水) 21時03分

なうさんへ
なうさん…? もしかしてもしかしたら、「にゃうさん」の間違いでしょうか…? にゃうさんってことでお返事しまーす。
にゃうさんちのやかんってどんなんだっけ…? ホウロウだったっけ? たしかに、ちょっとくらい手がかかっても、かわいければ許せるときもある。それに、お祝いだったらなおさら。あ、重いやかんだったら、湯を沸かしたあとにアイロンとして使えたりしてー♪(○○奥さんネタにどうでしょう)。


投稿: 茶の子 | 2009年1月 7日 (水) 21時13分

ピンポン!なう=にゃうでした!
使い分けているのだけれど、時々混同してしまうの!
ここではにゃうだった…。

投稿: にゃう | 2009年1月 8日 (木) 13時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今年出会った、愛すべきお茶道具:

« 水戸黄門さまの「ごまなっとう」を食べた | トップページ | 今年最初に飲んだほうじ茶は… »