« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月30日 (金)

吉野銘茶「嘉兵衛番茶」を飲む

昨年の秋ごろから、たびたび飲んでいるお茶があります。Photo

その名は、嘉兵衛番茶(嘉兵衛本舗)。
奈良県の吉野地域で主に生産されているものです。

茶葉は見ての通り、「落ち葉系」。
落ち葉系といえば、足助の寒茶や、京番茶、岡山の美作番茶(これはまだ飲んだことナシ)などなどありますが、作られ方はそれぞれ違います。Photo_2


●足助の寒茶は、刈るー蒸すー天日干しー陰干し

●京番茶は、刈るー蒸すー焙じる

●美作番茶は、刈るー蒸し煮ー天日干し(煮汁をかけながら)

●嘉兵衛番茶は、刈るー蒸すー天日干しー砂入焙じ機で焙煎

違うと言っても、似てるとも言えるこの工程。
でも、味はそれぞれ確実に違います。

足助の寒茶はどこかプーアールを思わせる香りがあった。

京番茶は、強烈なタバコ臭さ(焚き火っぽくもある)があった。

じゃあ、嘉兵衛番茶は?Photo_3

ほとんど、クセなし。
さっぱりとした、力強い番茶って感じです。
淹れたての香りは極上で、雨上がりの秋の野山を思わせ、どこか懐かしい気持ちになります。
後味もすっきり。

以前、足助の寒茶を飲んだときも思いましたが、天日干しのお茶には、野生的な強いエネルギーを感じます。

ひと口飲むごとに、自然のエネルギーをおすそ分けしてもらっている感じ。

というわけで、
通常のほうじ茶は、ホッと一息つきたいときのお茶ですが、この「嘉兵衛番茶」は、活動前の気付けの1杯!
朝の仕事はじめや、午後の最初の1杯に飲んでいます♪

(こんなふうに淹れました)-ガサッと大きくひとつかみ、土瓶に入れて、熱湯を注いで2分浸出。茶葉はかさばるので、多いかな?と思うくらいが丁度いい感じでした。煮出して飲んでもいいと思うのですが、私は急須でいれた味のほうが好みです。

(写真・パッケージ)-パッケージに書かれているところによると、「血糖降下、糖尿改善、血圧低下に効用」だそう。すごい、言い切っちゃってる…。

人気ブログランキングへ!Banner_02

もしよろしければ、クリックで「日々是ほうじ茶」を応援してください!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年1月23日 (金)

今年最初に飲んだほうじ茶は…

毎度のスロースタート。Photo_2

今年初めての更新です。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

さて、我が家の今年の年越しはハワイでした♪
初ハワイです。
しかも、海外旅行自体が十年以上ぶり…。
とっくに期限の切れたパスポートを取り直し、
スーツケースをレンタルし、
あれもいるかな? これも持っていったほうがいいかなあ? と慣れない旅支度にアタフタアタフタ…。
余計なものも相当詰め込みつつ、なんとか荷造りも完了し、ほっと一息。出発前にほうじ茶をすすっていたら、重大なことに気がつきました。

「ほうじ茶はどうするんだ!!」

日本ではほうじ茶を飲まない日がない私。これは由々しき問題です。
大慌てで、お茶袋を用意。Photo

その中に、茶葉を大匙1杯分ずつつめて、それをジップロックに入れて持っていくことにしました。
これなら、ホテルのカップにぽいっと入れて、湯を注ぐだけでいつものお茶が飲めるわ! そうやって、最後の大事な荷物をしっかり詰め込んで、ブローーーンとハワイに向かったわけです。
…が、自分でも驚いたことに、このお茶、一度も飲まなかったんです…。
宿泊した部屋に湯沸しポットがない(海外じゃ普通なんでしょうか)ので、英語でお湯を持ってきてもらう勇気がなかったから…?
お湯持ってきてもらって、チップを払うのが惜しかったから…?
いえいえ、それ以前の問題で、ハワイにいる間、一度もほうじ茶を飲みたいと思わなかったんです。

我ながらびっくり。

空気が変わると、欲する飲み物も変わるんでしょうか。
じゃあ、いったい何を飲んでいたのか? 
やたらオレンジジュースばかり飲んでました。
カハラモール内にあるオーガニックのスーパー「ホールフーズマーケット」のオレンジジュース(プライベートブランドのような商品)がやけに美味しくて、連日喉を鳴らして飲んでました。
胃腸が弱いので、日本では夏でも冷たいものは控えているのに、なんなんでしょう、この欲求は! しかも、飲んでもお腹を壊さないなんて!
「私、ハワイに向いてるよ! 住んじゃおうかナー♪」
と調子にのりまくっておりました。

しかし、日本に帰る日…。

朝、トイレに行くと血尿が!! お腹も痛い!!
それは、飛行機に乗ってからさらにエスカレート。
トイレには10分おきに行きたくなるわ、泣くほど痛いは、尿はますます真っ赤っ赤だわ…。
そのとき、久々に飲みたくなりました、あったかーいほうじ茶が!!
もう、その欲求たるや、飲み物に対するものを遥かに超え、お母さんを恋しがる幼子の気持ちとほぼ同等!!
冷房効きまくる機内で、ひたすらあたたかいほうじ茶のことを考えて耐えしのぐこと9時間。
成田に着くと、荷物受け取りは夫に任せ、私は体をくの字に折ってほうじ茶探しに。
伊右衛門のペットボトルほうじ茶を見つけて、ベンチにへたりこみ、半分泣きながら飲みました。
あんなにありがたい気持ちで飲んだほうじ茶は初めてです。

というわけで、長い話になりましたが、タイトルにもあります、今年最初に飲んだほうじ茶は、伊右衛門のほうじ茶でした。

ちなみに、私の血尿の原因は膀胱炎でした。
自宅到着後、欲求のままにあたたかいほうじ茶を飲み続け、翌日お医者さまのところで検査したときには、
「症状からすると膀胱炎なんだけど、今の尿は普通の人よりキレイなんだよなあー」
と首をひねられるほどよくなってしまいました!
やっぱり、私はほうじ茶が合ってるのねー。
すきすき、ほうじ茶―♪Photo_3

今年もごくごく飲んじゃうよー♪Photo_4


(写真)
ハワイでは、突然現れる可愛らしい鳥たちや、力強い木々に、いっぱいエネルギーをもらってきましたー。

Banner_02

人気ブログランキングへ!
もしよろしければ、クリックで「日々是ほうじ茶」を応援してください♪

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »