« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月17日 (火)

「バタバタ茶」を飲む 其の二

バタバタ茶の茶葉は、写真のような落ち葉系。Photo
黒というより、ほんのりチョコレート色をしています。
香ばしいほうじ茶の茶葉の香りも好きですが、この手の番茶の茶葉の香りもいい。目を閉じてすーーーっと香りを吸い込むと、静かな山里の風景が浮かんできます。
さて、バタバタ茶は黒茶です。
「黒茶」でプーアール茶を連想する方が多いと思いますが、バタバタ茶もプーアールと同様に、後発酵で作られたお茶です。
(ちなみに、紅茶やウーロン茶は発酵茶。こちらが、茶葉に含まれる酵素の働きで発酵して作るのに対して、黒茶は酵素の働きをいったん止めたあとで、微生物の力で発酵させます。)
プーアールはものによって苦手な私…(あっさりめが好み)。クセが強すぎないことを祈りつつ、パッケージの説明書きを参考に淹れてみることに!

【茶葉を煮出す】
説明書きに、「黒茶を木綿の布袋に適量入れ、ヤカン・茶釜などで沸騰よく煮出す」とあるので、煮出し用のヤカン(普段、お湯を沸かす用のだと匂いが付きそうなので)に、茶葉をざっくりひと掴み入れて、900ccくらいの水で煮出してみました。分量は適当です。でも、あまり濃い黒茶は好きではないので、心もち茶葉は少なめにしてみました。

【バタバタする】Photo_3
説明書きに、「よく煮出した黒茶の汁を、五郎八茶碗(抹茶茶碗より少し小さいくらいのもの)にそそぎ、二本あわせのバタバタ茶筅(写真)を振りたてて泡だてて飲む。塩を耳カキに一杯ほど入れて泡だてると泡立ちがよく味がある」とあります。
でも、我が家には五郎八茶碗はないので、ごはん茶碗サイズの茶器を用意。そこに、トポトポと黒茶の汁(この言い方、いかにも煮出したエキスという感じですね・笑)を注ぎ、専用の不思議な形の茶筅で「バタバタ」してみました。ちなみに、この茶筅、二本くっついているので、「夫婦茶筅」と呼ぶらしいです。
バタバタバタ…
だめです。
茶碗が小さすぎて、存分にバタバタできません。こんなんじゃ、泡なんて立ちゃしません。でも、泡のないバタバタ茶なんて、クリープのないコーヒーと同じです(ふるっ)
そこで、邪道ではありますが、黒茶の汁をボウルに移してバタバタとやってみました。
それでも、上手いこと泡だたない…。
あ、 塩を忘れてた!
ということで、沖縄土産の愛用中の塩をひとつまみ投入!
再び、バタバタバタ…
ちょっとだけ、泡立ちました。
器にお茶を移して、完成です(いいのかなあ、これで…)

【飲んでみた】Photo_2
うーん、間違いなく黒茶の味です。
古い蔵に閉じ込められた気分(笑)
ただ、塩を加えて泡立てたことで、そのまま飲むよりはマイルドな口当たり。でも、ネットで「バタバタ茶」の情報を調べると、どうも泡はこんなもんじゃないらしい。ふんわりとこんもりと、器の上を覆うくらいに立てるらしい…。
たしかに、そのくらい立てると、さらに風味はマイルドになるかもしれません。でも、あの茶筅では、これが限界なんだけどなあ…。泡立ったそばから、ぱーっと消えていってしまうんです。
右腕、いたい…。
とりあえず今日はこのへんで。
一応、900ccの水で煮出したので、まだまだたっぷり「黒茶の汁」は残ってるのですが、これ以上飲めません。淹れ方に問題があるんだと思います。茶葉が少なかったのかなあー。
まだまだ研究の余地ありってかんじです。
地元の人がやっている、本場の淹れ方で飲んでみたい。
そのうちまた、挑戦してみたいと思いまーす。

Banner_02
人気ブログランキングへ!
もしよろしければ、クリックで「日々是ほうじ茶」を応援してくださいー♪

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2009年3月 6日 (金)

「バタバタ茶」を飲む 其の一

富山県の下新川郡朝日町というところに伝わる、「バタバタ茶」というお茶があります。Photo

富山に長く住んでいた私ですが、このお茶のことを知ったのは、富山を離れて20年近くたったここ数年のこと。実家が朝日町から離れているせいかもしれないけれど、富山県の人ならみんな飲んだことがあるってほどポピュラーなものではないと思われます。
ネットでこのお茶を扱っているサイトを見つけたので、即注文するも、「品切れ中なので、入荷したら連絡します」との返事。でも、それっきり1年以上入荷のお知らせがない…。しびれを切らし、そのサイトはあきらめて、母親の友だち経由でようやく手に入れました。
送られてきたのは、
バタバタ茶の茶葉(100g)と茶筅(ちゃせん)のセット。Photo_2

茶葉は黒茶で、これを煮出したものに塩を入れて、二連の不思議な茶筅をバタバタ左右に振って泡立てて飲むらしい。
パッケージの説明によると…
「室町時代(1427年ごろ)真宗本願寺八世蓮如上人が越中布教の節、朝日町蛭田ですでに飲まれていた黒茶を、供茶・酒飯茶に利用したと推定されています」

供茶…って?
仏前に献じるお茶のことだそうです。
普通の供茶は、お湯の上に抹茶を落として、茶筅を使わずにそのまま献上するというけれど、この場合は茶筅を「バタバタ」させてから出したのだろうかー。
それとも、泡を立てずそのままー。
その辺の詳しいことはよくわかりません。
黒茶(後発酵のお茶)は、嫌いじゃないのですが、クセの具合によっては「ご勘弁をー」ってときもあるので、ちょっとどきどき。
飲んでみた感想は、次回ご報告します。

Banner_02

人気ブログランキングへ!
もしよろしければクリックで「日々是ほうじ茶」を応援してください~♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »