« 「バタバタ茶」を飲む 其の一 | トップページ | 買わないけど… もらって嬉しい春の便り »

2009年3月17日 (火)

「バタバタ茶」を飲む 其の二

バタバタ茶の茶葉は、写真のような落ち葉系。Photo
黒というより、ほんのりチョコレート色をしています。
香ばしいほうじ茶の茶葉の香りも好きですが、この手の番茶の茶葉の香りもいい。目を閉じてすーーーっと香りを吸い込むと、静かな山里の風景が浮かんできます。
さて、バタバタ茶は黒茶です。
「黒茶」でプーアール茶を連想する方が多いと思いますが、バタバタ茶もプーアールと同様に、後発酵で作られたお茶です。
(ちなみに、紅茶やウーロン茶は発酵茶。こちらが、茶葉に含まれる酵素の働きで発酵して作るのに対して、黒茶は酵素の働きをいったん止めたあとで、微生物の力で発酵させます。)
プーアールはものによって苦手な私…(あっさりめが好み)。クセが強すぎないことを祈りつつ、パッケージの説明書きを参考に淹れてみることに!

【茶葉を煮出す】
説明書きに、「黒茶を木綿の布袋に適量入れ、ヤカン・茶釜などで沸騰よく煮出す」とあるので、煮出し用のヤカン(普段、お湯を沸かす用のだと匂いが付きそうなので)に、茶葉をざっくりひと掴み入れて、900ccくらいの水で煮出してみました。分量は適当です。でも、あまり濃い黒茶は好きではないので、心もち茶葉は少なめにしてみました。

【バタバタする】Photo_3
説明書きに、「よく煮出した黒茶の汁を、五郎八茶碗(抹茶茶碗より少し小さいくらいのもの)にそそぎ、二本あわせのバタバタ茶筅(写真)を振りたてて泡だてて飲む。塩を耳カキに一杯ほど入れて泡だてると泡立ちがよく味がある」とあります。
でも、我が家には五郎八茶碗はないので、ごはん茶碗サイズの茶器を用意。そこに、トポトポと黒茶の汁(この言い方、いかにも煮出したエキスという感じですね・笑)を注ぎ、専用の不思議な形の茶筅で「バタバタ」してみました。ちなみに、この茶筅、二本くっついているので、「夫婦茶筅」と呼ぶらしいです。
バタバタバタ…
だめです。
茶碗が小さすぎて、存分にバタバタできません。こんなんじゃ、泡なんて立ちゃしません。でも、泡のないバタバタ茶なんて、クリープのないコーヒーと同じです(ふるっ)
そこで、邪道ではありますが、黒茶の汁をボウルに移してバタバタとやってみました。
それでも、上手いこと泡だたない…。
あ、 塩を忘れてた!
ということで、沖縄土産の愛用中の塩をひとつまみ投入!
再び、バタバタバタ…
ちょっとだけ、泡立ちました。
器にお茶を移して、完成です(いいのかなあ、これで…)

【飲んでみた】Photo_2
うーん、間違いなく黒茶の味です。
古い蔵に閉じ込められた気分(笑)
ただ、塩を加えて泡立てたことで、そのまま飲むよりはマイルドな口当たり。でも、ネットで「バタバタ茶」の情報を調べると、どうも泡はこんなもんじゃないらしい。ふんわりとこんもりと、器の上を覆うくらいに立てるらしい…。
たしかに、そのくらい立てると、さらに風味はマイルドになるかもしれません。でも、あの茶筅では、これが限界なんだけどなあ…。泡立ったそばから、ぱーっと消えていってしまうんです。
右腕、いたい…。
とりあえず今日はこのへんで。
一応、900ccの水で煮出したので、まだまだたっぷり「黒茶の汁」は残ってるのですが、これ以上飲めません。淹れ方に問題があるんだと思います。茶葉が少なかったのかなあー。
まだまだ研究の余地ありってかんじです。
地元の人がやっている、本場の淹れ方で飲んでみたい。
そのうちまた、挑戦してみたいと思いまーす。

Banner_02
人気ブログランキングへ!
もしよろしければ、クリックで「日々是ほうじ茶」を応援してくださいー♪

|

« 「バタバタ茶」を飲む 其の一 | トップページ | 買わないけど… もらって嬉しい春の便り »

コメント

こんばんは。京都のお茶屋さん教えていただいてありがとうございます。京都のお店は全然知らないんですよね。名前くらいは知っているところはいくつかあるのですが、どこに行ったらいいかわからず困っていました。少なくてもどちらかのお店には行けたらなぁって思っています。


バタバタ茶、泡立てるのが難しそうですね。なんかコツがあるんですかね?

投稿: Ryo | 2009年3月19日 (木) 23時11分

写真見たところ、お茶を茶碗に注ぎすぎているかも~。
もっと茶を少なくして、説明しにくいけど、人差し指と中指の間に、茶せんを縦に挟んで、力を抜いてね。
左右に振るんです。
茶碗の淵に、カチカチと茶せんが当たるくらいにね。
力を抜くんですよ~。手首を使ってる感じでしょうか。
でも、もしかしてお茶が薄すぎると泡、立ちにくそうな感じもしますね~。^^;)

投稿: ゆう | 2009年3月21日 (土) 00時14分

Ryoさんへ
京都旅行、楽しんできてくださいね~! いつ頃行かれるんでしょう。桜の時期かしら。私も京都のお茶屋さんは実際には行ったことがないので、いつか行ってみたい! Ryoさんのブログでのご報告楽しみにしてます~

投稿: 茶の子 | 2009年3月22日 (日) 13時35分

ゆうさんへ
アドバイスありがとうございます~!! 人差し指と中指の間に挟んで、力を抜いてカチカチ…ですね(メモメモ) 茶碗の大きさは写真のものは確かに小さくて、ブログにも書いたんですが、邪道だけどいったん大き目の器に移してから、バタバタしてみました。でもダメ…。ブログの記事をアップしてから、再度同じ煮出し汁を使って、今度はハンディの泡だて器(カフェ用)でジャーーーッとやってみたんですが、それでも泡をキープできなかったので、たぶん、問題はゆうさんのご指摘通り煮出し汁の濃さにあるのではーと思ってます。お茶を煮出すってことにあまり慣れていないので、茶葉と水の量がイマイチピンとこないのですが、再度ネットなどで調べて挑戦してみるつもりです! せっかく入手したんだから、本場の味を実感しなきゃ。どうもありがとうございまーーーす  

投稿: 茶の子 | 2009年3月22日 (日) 13時44分

茶の子さん、こんばんは。

京都行ってきました。(京都滞在時間は1日もなし)一保堂さんと龍桜園さん、どちらも行ってきましたよ。京都は素敵ですね。お茶の美味しさだけじゃなくて、雰囲気とか店員さんの話し方など、東京では真似できないだろうなぁって思います。一保堂の喫茶室はあんまり雰囲気がありませんでしたけど、お茶は美味しかったですよ。

まだお茶飲んでないのですが龍桜園は、京都らしい雰囲気で行って良かったです。

もっといたいと思いつつ、京都を後にしたんですが、今度行くことがあれば宇治に行きたいですね。歴史あるお茶屋さんがいくつもあるみたいだし。ではでは。

投稿: Ryo | 2009年3月30日 (月) 00時05分

さて、このたびブログを休止することになりました。
いつもコメントいただきましてありがとうございました。
これからは一読者として遊びにきます。

投稿: arum | 2009年4月 1日 (水) 00時10分

Ryoさんへ
おかえりなさーい! 一保堂も柳桜園(字違いますけど同じ店ですよねえ…?)も制覇されましたかー! どんなお茶を購入されたのかしら。興味津々! どちらの茶舗のお茶も、今は便利にネットで買えるわけですが、やっぱりいつかは本店の暖簾をくぐって直に買いたい! うらやましいです~ 

投稿: 茶の子 | 2009年4月 1日 (水) 18時48分

すみません、字間違えました。柳桜園ですね。ネットでも買えるし、普通に東京で茶葉なら買えるんですよね。

でもやっぱり京都のお店はいいなと。京都はちょっとしかいなかったんですけど、とっても好きになってしまいました。修学旅行で行った時は全然いいと思わなかったんですけどね…。

柳桜園では朝日っていう煎茶を買いました。一保堂は喫茶のみ。店名と同じ嘉木って煎茶を飲んできました。

お茶が美味しいのは当然として、店員さんの言葉遣いとか、雰囲気なんかが東京とはやっぱり違うなぁなんて思いましたね。こういう部分は真似できないんじゃないかと。

もっと色んなお店に行きたかったですね。

投稿: Ryo | 2009年4月 6日 (月) 00時47分

Ryoさんへ
大人になってから味わう京都は、ほんといいもですよねー。修学旅行のときは、お茶屋に行きたい!なんてこれっぽっちも思わなかったしなあ(笑) Ryoさんのおっしゃるように、店員さんの言葉遣いや京都ならではの雰囲気は、どうにもマネできないもの。私も京都でお茶を味わいたいです♪ また、ステキなお茶の旅をされたら、ぜひ教えてくださいませ 

投稿: 茶の子 | 2009年4月 7日 (火) 20時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「バタバタ茶」を飲む 其の二:

« 「バタバタ茶」を飲む 其の一 | トップページ | 買わないけど… もらって嬉しい春の便り »