2009年3月17日 (火)

「バタバタ茶」を飲む 其の二

バタバタ茶の茶葉は、写真のような落ち葉系。Photo
黒というより、ほんのりチョコレート色をしています。
香ばしいほうじ茶の茶葉の香りも好きですが、この手の番茶の茶葉の香りもいい。目を閉じてすーーーっと香りを吸い込むと、静かな山里の風景が浮かんできます。
さて、バタバタ茶は黒茶です。
「黒茶」でプーアール茶を連想する方が多いと思いますが、バタバタ茶もプーアールと同様に、後発酵で作られたお茶です。
(ちなみに、紅茶やウーロン茶は発酵茶。こちらが、茶葉に含まれる酵素の働きで発酵して作るのに対して、黒茶は酵素の働きをいったん止めたあとで、微生物の力で発酵させます。)
プーアールはものによって苦手な私…(あっさりめが好み)。クセが強すぎないことを祈りつつ、パッケージの説明書きを参考に淹れてみることに!

【茶葉を煮出す】
説明書きに、「黒茶を木綿の布袋に適量入れ、ヤカン・茶釜などで沸騰よく煮出す」とあるので、煮出し用のヤカン(普段、お湯を沸かす用のだと匂いが付きそうなので)に、茶葉をざっくりひと掴み入れて、900ccくらいの水で煮出してみました。分量は適当です。でも、あまり濃い黒茶は好きではないので、心もち茶葉は少なめにしてみました。

【バタバタする】Photo_3
説明書きに、「よく煮出した黒茶の汁を、五郎八茶碗(抹茶茶碗より少し小さいくらいのもの)にそそぎ、二本あわせのバタバタ茶筅(写真)を振りたてて泡だてて飲む。塩を耳カキに一杯ほど入れて泡だてると泡立ちがよく味がある」とあります。
でも、我が家には五郎八茶碗はないので、ごはん茶碗サイズの茶器を用意。そこに、トポトポと黒茶の汁(この言い方、いかにも煮出したエキスという感じですね・笑)を注ぎ、専用の不思議な形の茶筅で「バタバタ」してみました。ちなみに、この茶筅、二本くっついているので、「夫婦茶筅」と呼ぶらしいです。
バタバタバタ…
だめです。
茶碗が小さすぎて、存分にバタバタできません。こんなんじゃ、泡なんて立ちゃしません。でも、泡のないバタバタ茶なんて、クリープのないコーヒーと同じです(ふるっ)
そこで、邪道ではありますが、黒茶の汁をボウルに移してバタバタとやってみました。
それでも、上手いこと泡だたない…。
あ、 塩を忘れてた!
ということで、沖縄土産の愛用中の塩をひとつまみ投入!
再び、バタバタバタ…
ちょっとだけ、泡立ちました。
器にお茶を移して、完成です(いいのかなあ、これで…)

【飲んでみた】Photo_2
うーん、間違いなく黒茶の味です。
古い蔵に閉じ込められた気分(笑)
ただ、塩を加えて泡立てたことで、そのまま飲むよりはマイルドな口当たり。でも、ネットで「バタバタ茶」の情報を調べると、どうも泡はこんなもんじゃないらしい。ふんわりとこんもりと、器の上を覆うくらいに立てるらしい…。
たしかに、そのくらい立てると、さらに風味はマイルドになるかもしれません。でも、あの茶筅では、これが限界なんだけどなあ…。泡立ったそばから、ぱーっと消えていってしまうんです。
右腕、いたい…。
とりあえず今日はこのへんで。
一応、900ccの水で煮出したので、まだまだたっぷり「黒茶の汁」は残ってるのですが、これ以上飲めません。淹れ方に問題があるんだと思います。茶葉が少なかったのかなあー。
まだまだ研究の余地ありってかんじです。
地元の人がやっている、本場の淹れ方で飲んでみたい。
そのうちまた、挑戦してみたいと思いまーす。

Banner_02
人気ブログランキングへ!
もしよろしければ、クリックで「日々是ほうじ茶」を応援してくださいー♪

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2008年6月16日 (月)

丸八製茶場の新茶が届いた 其の二

新茶情報は新しいうちに…と思いつつ、引越しのどたばたで随分時間がたってしまいました。遅ればせながら、丸八製茶場の新茶レポートの続きです。

(丸八製茶場の新茶が届いた 其の一)はこちら

今回紹介するのは、煎茶「八十八夜摘み」Photo

正直、煎茶を淹れるのは久しぶり。

「ど、ど、どうやって淹れるんでしたっけ…」

いつも、沸騰したての湯をダーーーっと注いで淹れるほうじ茶や番茶ばかり飲んでいるため、なれない緑の茶葉を前にしばしうろたえます。

箱をのぞくと、「おいしいいれ方(三人分)」が書かれたリーフレット発見! 素直にそのやり方に従ってみました。

●おいしいいれ方(三人分) 

※丸八製茶場リーフレットより

・茶葉 ― 5g

     お湯の量 ― 180~200ml

     お湯の温度 ― 7080

     浸出時間 ― 60

実際、お湯の量は200ml お湯の温度は70度で淹れました。Photo_2

(飲んでみた)

うーーーん、新緑!ってかんじです。

口いっぱいにふわーっと緑が広がって、その後、さっぱり、すっきり。

でも、上記の淹れ方だと、少しもの頼りなさを感じて、後日

     茶葉 - 7g

     お湯の量 - 200ml

     お湯の温度 - 67

で試してみました。

これは、苦味や渋み、緑の香りがほどよくパンチがきいていい感じ。

その後、さらに温度を下げて、ほんわりとした甘みも楽しみました。

八十八夜の新茶

目を閉じてずずっとすすると、目の前に広大な緑の茶畑がうかんできます。

なんだか、普通の煎茶よりもエネルギーが詰まってそうな気がします。

日ごろは断然ほうじ茶派ですが、こうやって煎茶をいただくと、ほうじ茶にはないみずみずしいパワーにぐっと心を掴まれます。

日々是ほうじ茶 時々煎茶 たまーにサイフォンでコーヒー(ちょっと影響を受けてサイフォン購入願望アップ中!)

下半期はこんな感じでいってみたいと思いますー。

(写真)

洗濯日和の梅雨の晴れ間。ベランダに出て一服しました。よーく目を凝らすと、お茶の表面に洗濯物が映っていたりして…。

Banner_02 人気ブログランキングへ!

もしよろしければクリックで「日々是ほうじ茶」を応援してください~♪

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2007年5月28日 (月)

加賀棒茶の新茶を飲んだ!

Photo_34 加賀棒茶の新茶を淹れてみました。

淹れ方は、茶葉6g、熱湯260g、浸出時間20 

まずは、リーフレットに忠実に淹れたのですが…

通常の「加賀棒茶」よりも、少し茶色がかったかんじ。とはいえ、普通のほうじ茶に比べると黄色味が強い。

風味

渋い! 口に含んだとたんに渋みがやってきて、飲み込んだあとも舌にまとわりつきます。これってタンニン? 全体的に味が濃厚で、また強い渋みに邪魔されて(?)お茶の繊細な風味を感じるのが難しい状態…。茶葉が多すぎる? 浸出時間が長すぎる? 湯温が高すぎる? とにかく、ほうじ茶ではあまり味わったことのない渋苦味に困惑…。

 

リーフレットを作った人は、本当にこの淹れ方で淹れて飲んだんだろうか…? 

それとも、この強い渋みこそが「新茶の美味しさ」なのか? 

そうだとしても、このままでは私の口には合いません。

そこで、試しに熱湯を直接茶葉に注ぐのを止めて、いったん湯飲みに注いで少し冷ましてから急須へ注ぐことに。

湯のみに注ぐことで、湯は5~10度下がるといわれているので、おそらく90度前後。温度を下げた分、浸出時間を10秒長くして30秒にしました。

なぜ、湯温度を下げたかというと…

渋み苦味の成分であるタンニンやカフェインは高温で抽出され、温度が下がると溶け出にくくなる性質があるため。ただ、ほうじ茶独特の香ばしい香りのよさは、熱湯によって引き出されるので、あまり温度を下げすぎるのも考えものなんです。

そして湯飲みに注いで飲んでみると…

おおおお、あのドカンとくる渋みは程よく抑えられ、緑を感じさせる茶葉の味とほうじ茶らしい香ばしさがバランスよく広がります。さっきは、この長所が渋みで全部消えていたからな~。とりあえず、美味しいと思えるお茶がはいって一安心!

でも、正直なところ、通常の「献上加賀棒茶」のほうが美味しいかも…。

「結構、高かったのになあ」って舌打ちしたい気持ちも多少ありますが、冬をのり越えてたっぷりのエネルギーを蓄えて芽吹いた一番茶であるってことをしみじみ考えると、それだけで、愛おしく、ありがたいものだって気もしてきます。

まあ、美味しく飲む方法も見つけられたし、これはこれでよしってことにしよ。

Banner_02_59  人気ブログランキングへ!

もしよろしければクリックで「日々是ほうじ茶」を応援してください~♪

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年1月31日 (水)

納得のいく「ほうじ茶ミルクティー」を作りたい

ここ数年、お店でも「ほうじ茶ミルクティー」というドリンクメニューを見かけるようになりました。

ほうじ茶好きの私も何度か注文してみましたが、いつもどこか不満足…。

ミルクティーであることは間違いないのだけれど、お茶の香りがさほど立っていなくて、ほうじ茶の存在をほとんど感じられないというのがその理由です。

しかも、蜂蜜か黒砂糖を加えてどうぞ!という場合が多く、それをしてしまうと、ミルクティーは完全に蜂蜜や黒砂糖の独特の香りに占拠されてしまい、「あえてほうじ茶である必要はなかったのでは…」ってくらい、その存在感は消えてしまうのでした。

もちろん、まずい!ってワケではないのです。

誰とでも仲良くできる素朴でやさしいほうじ茶は、ミルクともケンカすることなく見事に馴染んでました。馴染みすぎで味がまったく面白くないのです。

ほうじ茶を溺愛する私としては、ほうじ茶が「ああ、ミルクで煮出されてよかった」と思えるようなミルクティーを目指したい!

というわけで、これから数日間、「ほうじ茶ミルクティー」作りに専念することにしました! もし、美味しい「ほうじ茶ミルクティー」の作り方について、アイデアや情報をお持ちでしたら、参考にさせていただきたいので、ぜひ教えてくださいませ~。

Banner_02_34

人気ブログランキングへ!

よろしければクリックで「日々是ほうじ茶」を応援してください♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年9月 1日 (金)

夏の終わりに…水出し冷茶

Photo_10

内祝いに従妹にお茶(献上加賀棒茶セット)を送ったら、「冷茶にしたら、今まで味わったことのないクリアな味わいで驚いた」という手紙をもらった。私はおなかが弱いので、冷たいお茶はほとんど飲まない。でも、その手紙を読んだら、たとえ腹をこわしてでも冷茶が飲みたくなってきた。ただ、残念なことに「献上加賀棒茶」を切らしていたので、「加賀ほうじ茶」を使用。

冷茶(ほうじ茶)の美味しい淹れかた

1・茶葉大さじ3(約9g)をお茶パックに入れる。

2・新鮮な水(できれば浄水したもの)1リットルと、1のお茶パックを容器に入れ、冷蔵庫で3時間冷やす。(丸八製茶場HP参照)

一刻も早く飲みたかった私は、茶葉を少々多めに投入。待つこと1時間半。水色が程よい黄金色になったところで味をみたら、おおおお~、渋みや雑味がなくて、澄んでる澄んでる~。どこまでも透明で品がよい。

熱湯で淹れた場合は、香ばしさと程よい渋みの後にふんわりと爽やかな香りが鼻を抜けるが、水出しの場合は、口に含んだ瞬間から華やかな香りが一気に広がる。

「クリアと言うなら、味が平坦でつまらないのでは…?」と懸念していたが、そこそこ奥深さも持ち合わせている(それに関しては熱湯の方が上とみた!)

熱湯で淹れると、茶葉の持つあらゆるものを引き出すが、水だと茶葉の粋のみを抽出するのかもしれない…と思わせる味。

たとえお腹をこわしても、味わう価値のある1杯だった。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年8月11日 (金)

美味しいほうじ茶をいれるコツ

 お茶が好きだといいながら、正直まったくお茶のいれ方には無頓着だった。
玉露などは、湯冷しした湯で煎れる…というくらいの最低限のことはやっていたが、常用のほうじ茶となると、そのときポットに入っている湯でちゃちゃっといれるのが当たり前。ああ、思い出すと胸が痛い…。あんなので本当に美味しいほうじ茶が飲めるはずがない…。ではでは、どう煎れるとほうじ茶の本当の美味しさが味わえるのか。おすすめはこんなかんじ。

【美味しいほうじ茶のいれ方(2人分)】
1・大ぶりの急須に茶葉を約6g(大さじ山盛り2杯)入れる。
2・十分に沸騰させた湯を急須に適量注ぐ。
3・急須に蓋をして、茶葉が浸出するまで約20秒おく。
4・2つ湯飲みに交互に、最後の1滴まで注ぐ。

 最大のポイントは、沸騰したての湯を使うこと。
試しに、100℃、80℃、60℃の湯で煎れしてみたら、80℃、60℃では、ほうじ茶独特の香ばしさ、きりっとした風味が引き出せなかった。特に60℃で煎れたものは、たよりない茶色い湯…って感じで、全部飲むのはちょっと…というシロモノ。もったいなかった…。
 煎茶や玉露などのように、旨み成分(テアニン)を引き出したい場合は、湯冷ましした湯が最適だが、ほうじ茶のように香ばしい香りを引き出したいときは、煮えたぎった100℃の湯がいちばん。
 ちなみに、沸きたての湯をポットに移し変えるだけど、5~10℃湯温が下がってしまう(でも、これくらいなら大丈夫)。さらにそのまま数時間放置した湯となると、80~60℃ってことも…。
 美味しいほうじ茶を飲みたいなら、何をおいても沸かしたてを。いちいち沸かすのは手間だけど、その価値はある(と思う)。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)