2009年4月 3日 (金)

買わないけど… もらって嬉しい春の便り

寒がりの私は、まだセーターを着込んでますが、春は確実に来ているようです。

その証拠に、まず、うぐいす。Photo

おとといくらいから

「ホーー ……… ホケッ」

とか

「ホケーーーーッ ……キョッ」

とか

たどたどしい鳴き声が聞こえてくるようになりました。

かわいい。

これから夏にかけて、この歌声がどう変わっていくのか、楽しみです。

そして、「春だー!」と心が華やぐ恒例のものがもう1つ。Photo_2

それは、お茶屋さんから届く、新茶予約のDMです。(もしかして、春だー!というより、夏だー?)

まず最初に届いたのが、この一保堂茶舗さんのもの。

新茶のみずみずしさを感じられる、おしゃれな封筒。

お茶のしずくをデザインしたと思われる、裏面がとくにいい感じ。

結局、このDMを見て新茶を買ったことはほとんどないのですが、それでもこのお知らせは欲しい私。

今回の封書の中には、「特選宇治新茶ご予約のご案内」のほかに、一保堂茶舗オリジナルの「常滑 焼締め急須」の案内も同封。

釉薬を塗ってつるつるぴかぴかしてなくて、ざらざらと素朴な焼締めの風合いがいい感じです。

     フタが大きい(茶殻の始末がらく)Photo_3

     ピタッと閉まるフタ(お茶がもれない)

     茶漉し(穴が緻密で茶葉が詰まらない)

     注ぎ口(注いだ後の水切れがいい)

というのがこだわりポイントだそう。

欲しいなー。

でも、9,450円ですかあ。

高い…。

容量が240ccっていうのも、ほうじ茶党の私には小さすぎる…。

というわけで、買いません。

でも、そろそろ、新しい急須が欲しいなー

と思う今日この頃であります。

人気ブログランキングへ! 

Banner_02

もしよろしければ、クリックで「日々是ほうじ茶」を応援してください♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年1月23日 (金)

今年最初に飲んだほうじ茶は…

毎度のスロースタート。Photo_2

今年初めての更新です。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

さて、我が家の今年の年越しはハワイでした♪
初ハワイです。
しかも、海外旅行自体が十年以上ぶり…。
とっくに期限の切れたパスポートを取り直し、
スーツケースをレンタルし、
あれもいるかな? これも持っていったほうがいいかなあ? と慣れない旅支度にアタフタアタフタ…。
余計なものも相当詰め込みつつ、なんとか荷造りも完了し、ほっと一息。出発前にほうじ茶をすすっていたら、重大なことに気がつきました。

「ほうじ茶はどうするんだ!!」

日本ではほうじ茶を飲まない日がない私。これは由々しき問題です。
大慌てで、お茶袋を用意。Photo

その中に、茶葉を大匙1杯分ずつつめて、それをジップロックに入れて持っていくことにしました。
これなら、ホテルのカップにぽいっと入れて、湯を注ぐだけでいつものお茶が飲めるわ! そうやって、最後の大事な荷物をしっかり詰め込んで、ブローーーンとハワイに向かったわけです。
…が、自分でも驚いたことに、このお茶、一度も飲まなかったんです…。
宿泊した部屋に湯沸しポットがない(海外じゃ普通なんでしょうか)ので、英語でお湯を持ってきてもらう勇気がなかったから…?
お湯持ってきてもらって、チップを払うのが惜しかったから…?
いえいえ、それ以前の問題で、ハワイにいる間、一度もほうじ茶を飲みたいと思わなかったんです。

我ながらびっくり。

空気が変わると、欲する飲み物も変わるんでしょうか。
じゃあ、いったい何を飲んでいたのか? 
やたらオレンジジュースばかり飲んでました。
カハラモール内にあるオーガニックのスーパー「ホールフーズマーケット」のオレンジジュース(プライベートブランドのような商品)がやけに美味しくて、連日喉を鳴らして飲んでました。
胃腸が弱いので、日本では夏でも冷たいものは控えているのに、なんなんでしょう、この欲求は! しかも、飲んでもお腹を壊さないなんて!
「私、ハワイに向いてるよ! 住んじゃおうかナー♪」
と調子にのりまくっておりました。

しかし、日本に帰る日…。

朝、トイレに行くと血尿が!! お腹も痛い!!
それは、飛行機に乗ってからさらにエスカレート。
トイレには10分おきに行きたくなるわ、泣くほど痛いは、尿はますます真っ赤っ赤だわ…。
そのとき、久々に飲みたくなりました、あったかーいほうじ茶が!!
もう、その欲求たるや、飲み物に対するものを遥かに超え、お母さんを恋しがる幼子の気持ちとほぼ同等!!
冷房効きまくる機内で、ひたすらあたたかいほうじ茶のことを考えて耐えしのぐこと9時間。
成田に着くと、荷物受け取りは夫に任せ、私は体をくの字に折ってほうじ茶探しに。
伊右衛門のペットボトルほうじ茶を見つけて、ベンチにへたりこみ、半分泣きながら飲みました。
あんなにありがたい気持ちで飲んだほうじ茶は初めてです。

というわけで、長い話になりましたが、タイトルにもあります、今年最初に飲んだほうじ茶は、伊右衛門のほうじ茶でした。

ちなみに、私の血尿の原因は膀胱炎でした。
自宅到着後、欲求のままにあたたかいほうじ茶を飲み続け、翌日お医者さまのところで検査したときには、
「症状からすると膀胱炎なんだけど、今の尿は普通の人よりキレイなんだよなあー」
と首をひねられるほどよくなってしまいました!
やっぱり、私はほうじ茶が合ってるのねー。
すきすき、ほうじ茶―♪Photo_3

今年もごくごく飲んじゃうよー♪Photo_4


(写真)
ハワイでは、突然現れる可愛らしい鳥たちや、力強い木々に、いっぱいエネルギーをもらってきましたー。

Banner_02

人気ブログランキングへ!
もしよろしければ、クリックで「日々是ほうじ茶」を応援してください♪

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年10月30日 (木)

ラジオで聞いた情報

車通勤をしてる夫が、帰ってきて言った。


「さっきラジオで言ってたけど、ほうじ茶スイーツってのが流行るらしいよ」

「………」

「ほうじ茶までお菓子にするんだね。面白いねえー」

「………」

先週、ほうじ茶風味のクッキー食べたやん。Photo

ゼリーとか、プリンとかも食べたよねー。

それほど、印象に残らなかったってこと…?

うーん、今月のびっくり大賞である。

もしよろしければ、クリックで「日々是ほうじ茶」を応援してください♪
Banner_02

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2007年12月 1日 (土)

茶の里公園の秋まつりで…

日本茶インストラクターの地域支部の交流会に行ってきました。Photo

去年は予定が合わなかったので、今年が初参加。

久々に緊張というものをしました~。

場所は今年の6月に茶摘みにも行った「奥久慈茶の里公園」(茨城県)。

家から電車を乗り継ぎ、バスに乗り、片道3時間ちょい。往復6時間半! 

でも、車窓から見える秋の景色に見とれていたおかげで、体感時間はもうちょっと短めでした。

この日、公園は秋まつり。

職人さんたちに教えてもらいながら、手もみを体験したり、茶の湯を愉しんだり、インストラクターの先輩方やアドバイザーの方と芋煮汁やそばに舌鼓をうったり。なかなか楽しかったです~。Photo_2

一番楽しみにしていたのがお茶の手もみ。

作業は「ほいろ」(下からガスの熱で熱してあたためた作業台。和紙が敷いてある)という台の上で行います。

はじめは手のひらでもみ合わせるように、しばらくしたら、ほいろの上で力を入れて転がすようにもみ続けるのですが、なかなかこれが簡単にはいかないんですねー。

手もみのよいお茶は、茶葉1つ1つが針のように長く細くよられた状態になるのですが、私がやると、細くなりかかった茶葉たちもどんどん不ぞろいになり、骨折したり縮れたり…。

そのうち、茶葉が不憫になって、途中です――――っと離脱しました(笑)

そして、腹ごしらえ。

写真は、地域の方が作ってくださった芋煮汁とけんちんそばです♪Photo_3

芋煮は芋(さといも)が丸ごと、人参や大根もゴロンゴロンしててとっても豪快! 具が大きいわりによくしみてて美味しかったです~。

その後、公園を後にしてみなさんと一緒に、茶園を営む支部長さんのお宅へ。

美味しいお茶をいただきながら、時間を忘れていろいろお話しました。

その「いろいろな話」のひとつ。

「家庭に急須を持っていて、ペットボトルではなく、茶葉からお茶を淹れている人がいかに少ないか…」という支部長さんの嘆き―――。

この話題、今までもときどき耳にすることはありましたが、「家に急須がないなんて、またまた大げさなー」と思っていたんですよね。

でも、どうもこれってホントのホントの話のようです。

帰り道。

人とすれ違うたびに、「すいません、あなたの家に急須はありますか?」と聞いてみたい衝動に…。

果たして、日本人の何パーセントの家庭に急須がないんだろう。

自分にとって「急須のない生活」がありえないだけに、気になってPhoto_4気になって仕方ないです。

まずは、来週の忘年会でみんなに聞いてみよう~!

(写真せつめい・上から)

・奥久慈茶の里公園の茶畑

・芋煮とけんちんそば。そばはコシがあってそばの風味もしっかり残っていて◎! こういうそばはザルで食べたかったー。

・支部長さんの家を出たところの茶畑。山里のこういう風景、癒されます~。

Banner_02

人気ブログランキングへ!

よろしければクリックで「日々是ほうじ茶」を応援してください~♪

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2007年11月 5日 (月)

とことんまで愉しむ…

新しいほうじ茶の封を切って、茶筒にサラサラと注ぐーーーー。Photo

光、空気、湿気から守られていた茶葉が、久々に外気とふれあって「ふーっ」と空気を吸い込む音が聞こえてきそうな瞬間。

思わず私も深呼吸してしまいます。

さて、そのあとに残ったのが、空き袋。

ぽいっと捨ててしまえばそれまでなのですが、

じつはこの袋、結構楽しませてくれます。

どうやって?

嗅ぐんです、香りを。

袋の中に鼻先を突っ込んで、すーーーーーっと。

焙じたての茶葉を、大事にすっぽり包み込んでいた袋の内側には、

炒りたてのほうじ茶の香りがしっかり染み付いていて、

一度嗅いだら、とてもポイする気にはなれません。

香りがとびにくいように、くんくん嗅いだあとには、

袋をきちんとたたんで、口をクリップで閉める厳重管理(そこまでする…)。

それでも、この香りが持つのはせいぜい2日。

貧乏くさいといわれそうですが、

お茶の封を切ったあとの、私のひそかな愉しみです~。

Banner_02  人気ブログランキングへ!

              よろしければクリックで「日々是ほうじ茶」を応援してください♪                     こちらから、現在のランキングがわかります

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2007年9月 7日 (金)

安全なお茶って…?

最近の中国輸入食品のもろもろのニュースを見ていると、口に入るものの安全性を考えないわけにはいかない今日この頃…。

お茶だって例外じゃありません。

例外どころか、お茶は使う前にじゃぶじゃぶ流水で洗うわけにもいかないんで、野菜以上にその安全性が気になるところです。

でも、スーパーやお茶屋さんの店頭をみても、「無農薬茶」ってまず見かけないですよね(有機栽培はあるけど)。

それは、茶葉つてとても虫がつきやすく、病気になりやすい植物だからのようです。

そのことに関して、以前協会に問い合わせたことがありました。

するとこんな回答が。

「農薬を使用しないに越したことはありません。しかし、お茶の場合、虫の発生によってその糞に発生する微生物の分泌物の問題、病原菌の分泌物など、目に見えない危険のほうが(安全に使用している)農薬の毒性問題より大きいとする考えもあります」

なるほど~。

言われてみれば、そういう考え方もあるかも…。

すっかり納得して、その後は、茶葉が国産かどうかだけ最低限チェックするようになったわけです。

が…また最近気になりだしちゃいました(笑)

それで、ネットで調べたら、よさそうな有機栽培のほうじ茶を見つけたので、早速注文ボタンをクリック!

じつは、以前2回ほど有機栽培茶を買って飲んだことがあるんですが、どれも大失敗した苦い過去があります…。

安全は確かでも、お茶としての完成度はどうなの?って感じの、たいそう頼りないお茶だったんです。

でも、今度は期待できるかも!! 

あくまでカンですが。

届いて試飲したら、すぐにご報告いたします~。

Banner_02  人気ブログランキングへ!

もしよろしければクリックで「日々是ほうじ茶」を応援してください♪

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007年5月22日 (火)

奥久慈男体山の茶畑

Photo_32日曜日に登山をしました。

登ったのは茨城県の奥久慈男体山(おくくじなんたいさん)。高さは653.8m。

夫が土曜の夜に「明日、山に行こう」と軽い感じで言うから、もうちょっと気軽なハイキングをイメージしていたら、これがなかなか立派な山登り。

健脚コースという急な山道コースを選んだからか、途中、急な岩肌の斜面に鎖場がいくつもあって、ひーとかきゃーとか言いながらぶら下がり、ときに岩場からずり落ち、やっとの思いで頂上にたどりつきました。

写真は、健脚コースをちょっと入ったところの景色。

奥久慈は茶の産地ってことで、山の斜面に青々とした茶畑が広がっていました。

この時期だから、もっとにぎやかに茶摘でも…と思っていたのに、畑に出ていたのはおばあさんがお一人。もう、機械でぱ~っと摘み取ったあとだったのでしょうか。

一芯二葉を摘み取るところを直に見てみたかったなあ~。残念。

ちなみに、私たちが入った登山口は大子町というところにあるのですが、この町には「奥久慈茶の里公園」があります。

本当は山登りのあと、その公園に行って、茶摘と茶葉の手もみを体験するつもりだったのですが、そんな力、私に余っているはずもなく、下山の衝撃で笑いっぱなしの膝をなだめながら、足を引きずってすごすご帰ってきたのでした。

でも、絶対にこのシーズン中に「奥久慈茶の里公園」には行きた~い!

自分の手で茶葉を摘んで、揉みた~い!

そして、そのお茶を飲みた~い!

実現したら、ご報告しますね。

Banner_02_56 人気ブログランキングへ!

もしよろしければクリックで「日々是ほうじ茶」を応援してください~♪

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年5月 8日 (火)

新茶フィーバー☆

1キロ=10万88円

この金額は、先日京都で落札された今年一番の新茶の落札価格。

この数字は、過去最高、しかも日本一高い落札価格だとか。

手摘み収穫し、手もみで仕上げた新茶。

単に「新茶だから」ってことだけで、ここまで値がつり上がるわけもなく、

色、味わいなどすべてにおいて優れているってことで、

この値段がついたはず。

いったい、どんな味がするんだろう~。

このニュースは、京都おぶぶ苑からのメルマガで知ったのですが、おぶぶさんはこの恐るべし新茶を15グラムだけ入手できたんだそう。

で、そのお茶を5グラムずつに分けてホームページ上でオークションを開催中なのです(5月9日まで)。

いったい、5グラムがいくらになっているのかしら…?

と思って覗いて見てみたら、現時点での最高値は5000円!

一瞬、「5000円だったら何とかならない金額じゃないし、5500円って書いて出しちゃう?」

と思ったりしましたが、何といってもたった5グラム(家族で1回一口ずつ飲んだらおしまい)

ゴクゴクっとお手ごろほうじ茶を飲み干して、湧き上がる好奇心に蓋をしたのであります…。

Banner_02_52 もしよろしければクリックで「日々是ほうじ茶」を応援してくださいませ~♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月31日 (水)

納得のいく「ほうじ茶ミルクティー」を作りたい

ここ数年、お店でも「ほうじ茶ミルクティー」というドリンクメニューを見かけるようになりました。

ほうじ茶好きの私も何度か注文してみましたが、いつもどこか不満足…。

ミルクティーであることは間違いないのだけれど、お茶の香りがさほど立っていなくて、ほうじ茶の存在をほとんど感じられないというのがその理由です。

しかも、蜂蜜か黒砂糖を加えてどうぞ!という場合が多く、それをしてしまうと、ミルクティーは完全に蜂蜜や黒砂糖の独特の香りに占拠されてしまい、「あえてほうじ茶である必要はなかったのでは…」ってくらい、その存在感は消えてしまうのでした。

もちろん、まずい!ってワケではないのです。

誰とでも仲良くできる素朴でやさしいほうじ茶は、ミルクともケンカすることなく見事に馴染んでました。馴染みすぎで味がまったく面白くないのです。

ほうじ茶を溺愛する私としては、ほうじ茶が「ああ、ミルクで煮出されてよかった」と思えるようなミルクティーを目指したい!

というわけで、これから数日間、「ほうじ茶ミルクティー」作りに専念することにしました! もし、美味しい「ほうじ茶ミルクティー」の作り方について、アイデアや情報をお持ちでしたら、参考にさせていただきたいので、ぜひ教えてくださいませ~。

Banner_02_34

人気ブログランキングへ!

よろしければクリックで「日々是ほうじ茶」を応援してください♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年11月17日 (金)

番茶とほうじ茶はどう違う?

私の実家では、ほうじ茶のことを「ばんちゃ」と呼んでいたので、「ほうじ茶のくだけた呼び方が番茶」なのだとずっ~と思っていました(文字数少なくて言いやすいし…)

十数年前に東京で一人暮らしを始めたとき、スーパーで「番茶」と書いてあるお茶を買って、当然あの香ばしい茶色いお茶を飲める!と思って淹れたら、味がぜんぜん違う…。

番茶とほうじ茶は別のものらしいということを、その時初めて知りました。

たぶん、うちの実家の「ばんちゃ」の定義は「鮮やかな緑色じゃないお茶・お客さん用じゃないお茶=ばんちゃ」だったのかも…。

じゃあ、ほうじ茶と番茶はどう違うのでしょう~?

【 番 茶 】

一度収穫したあとに伸びてきた茶葉や、仕上げ時に選別される大型の葉、つまりは柔らかな新芽ではなく、硬葉を原料にしたお茶のこと。

硬葉は上質の煎茶には使わないので、番茶として安価で市場に出回ります。

番茶という呼び名は、遅れて伸びた硬葉を製茶したという意味の「晩茶」がいつのまにか「番茶」と書くようになったのでは、といわれています。

【 ほうじ茶 】

番茶を原料に、これを焙じて作った香ばしいお茶をいいます。

しかし、最近ではほうじ茶の風味を追求して、上質の煎茶をほうじ茶ものも数多くあるので、「番茶が原料」というのは昔の話かも…。まあ、つまりは焙じれば「ほうじ茶」なワケです。

                 ☆

また、番茶と一口にいっても、「どの状況の葉を使っているか」によって、「芽番茶」「刈り番茶」「秋冬番茶」などなど、呼び名(味もカテキンの含有量も微妙に違ってくる)があるそうで、興味津々。全国各地域で自家製の番茶を作っているところもあるし、なかなか奥深いのです。

この辺については、入手して味わい、勉強したらその都度ご報告いたします~♪   

Banner_02_21 人気ブログランキングへ!

              もしよろしければクリックで「日々是ほうじ茶」を応援してください♪ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)