2009年4月12日 (日)

お茶請けぽりぽり…

1ヶ月前から、お勤めをはじめました。Photo

パートタイムではあるものの、「毎日決まった時間に会社という場所に出かけて仕事をする」という労働スタイルは久しぶり。

しかも、恐怖の車通勤。

怖い怖い…と思いながらする運転というのは、異常に体に力が入るようで、会社にたどり着くころには、すっかり消耗しております。

そんなこんなの慣れない日々で、この1ヶ月はくたーっとしておりましたが、最近なんとかこのペースにもなれて、元気を取り戻しつつあります。

それにしても、働きに出るようになって、お茶を飲む量がぐっと減りました。

机の上に広げた印刷物を汚してはいけない!ということで、ペットボトルのお茶も、飲んだらすぐに引き出しにしまわなくてはいけないんです。

とりあえず、空のペットボトルにほうじ茶を注いで出勤してますが、一度引き出しにしまうと、ガタガタ言わせてしょっちゅう取り出すのも気が引けるので、どうしても飲む回数が減ってしまいます。

というわけで、ちょっと欲求不満。

が、いいことも!

近くの席の先輩女性が、自分の畑で作った野菜や漬物をくださるのです。

茨城に越してきて3年。

結構内にこもった生活をしてきたので、地元の人とのふれあいもなく、こういう心遣いには思わずぐっときてしまいます。

先日いただいたのは、自家製のきゅうりの古漬けとたくあん。

「古漬け食べたことないです」というと、「まー、都会育ちなのねえ」と笑われましたが、正直ここよりうんと田舎で育った私。

漬物はいろいろ食べてきましたが、古漬けの存在は知らなかった…。Photo_2

「こりゃあ、いいお茶請けになるわー」

家に帰るや否や、アツアツのほうじ茶を淹れ、ぽりぽりぽり…。

な、なんと美味しい!!

塩分の具合も絶妙で、味に深みがあり、ぴりりと程よく唐辛子がきいている!

ぼりぼりぼりぼり…と、際限なくいってしまいました。

「甘いお茶請けもいいけれど、ほうじ茶や番茶には、これだね」

古漬け味の指をくわえて、思わずうなる茶の子でした。

(写真・上)

よく見ると、種類の違う古漬け。タッパー内の左が近所のナントカさんが漬けたもの。右は先輩の叔母さんが漬けたもの。ピリ辛具合、生姜のきき具合、歯ごたえがそれぞれ違うものの、どちらもウマイ!

(写真・下)

いただいた漬物のこれはほんの一部。

人気ブログランキングへ!

Banner_02

もしよろしければクリックで「日々是ほうじ茶」を応援してください♪

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年2月17日 (火)

梅、咲いてます。

大洗磯前神社の梅の木です。Photo


気持ちよさそうに咲いてました。

春ですね。

久々に、梅昆布茶が飲みたくなってきました。


この神社Photo_2


鳥居の向こうに大洗の海が見えます。

ううーん、いい景色。


Banner_02

   人気ブログランキングへ!
もしよろしければ、クリックで「日々是ほうじ茶」を応援してください♪

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年2月 5日 (火)

ひとりあそび…

Q  わたしはだれでしょう Photo_9

A  サーモスの保温ポットです

先日、ポットを買った記事を紹介した際、にゃうさんから「岩とびペンギンに似てる」とコメントをいただいたので、目をつけてみました。

あら、けっこうかわいい。

今日はこの状態で使っています。

お湯を注ぐとき、なんだかちょっと笑ってしまいます。

ところで、このサーモスのポットの使い心地ですが、なかなかよいです。前の保温ポットの保温力がいかに低かったかを、今さらながら知りました。

しかも、前のポットはよくしゃべった。Photo_10

というか、熱湯を注いで蓋をしたあとに、空気が漏れるかなにかして「ごにょごにょごにょ…」とよく鳴いたんです。

これが、男の人がぼやく声にすごくにていて、何度夫だと思って「なに?」と返事をしてしまったことか(笑)

サーモスはしゃべりません。保温力の高さの証ですね。

でも、この目をつけた状態で、ごにょごにょいわれたら、それはそれでカワイイかも。

急須を見てたら、ついこれにもつけたくなってしまいました… Photo_11

Photo_12

目の位置を変えると…

(しつこい)

もしよろしければクリックで「日々是ほうじ茶」を応援してください♪

Banner_02_2

人気ブログランキングへ!

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008年1月28日 (月)

新しい保温ポットを買う

保温ポットを買いかえました。Photo

先のポットは、おととし、今の土地に引っ越してきたときに近くのホームセンターで買ったもの。本当はサーモスのものが欲しかったのですが、そのときたまたま財布にお金がなくて(でも、すぐに欲しくて)、700円くらいの一番安いポットを買ったのです(見た目だけサーモス風)。

あれから1年9ヶ月。700円ポットは沸かしたての湯を入れたり(1煎目はヤカンで沸かしたての湯を使いますが、2~3煎目はポットの湯を使うことが多いので)、煮出したタンポポ茶を入れたり、野草茶を入れたり…と、けっこう活躍してくれました。

しかし、数ヶ月前から、このポットに入れた湯の匂いが気になりだしたんです。しかも、なにか化学系の匂い。

それでも、なんとなく使い続けていたのですが、先日、パッキンのついてる内蓋部分をさってみてギョギョ!! 

指でちょっと押してPhoto_2 みたら、プラスチックが砂鉄のようにぼろぼろ崩れてきたのです。本体からバキッともげてしまった内蓋は見るも無残(写真)。恐る恐る匂いを嗅いでみると、あああ~、この匂いこの匂い。

この数ヶ月、私たちはこのプラスチックが溶け出たお湯を飲んでたんですね…。

体にいいはずないですよねえ。

「お茶の風味がどうこう…」とえらそうに語ってきたのに、お湯の管理さえできてなかったなんてお恥ずかしい限りです。

そうとなったら、つぎのポットを探さねば! 

すぐに楽天からサーモスポットを検索。

その結果、定番のステンレスに黒蓋のものではなく、気分を変えて「クッキークリーム」という色を購入してみました。

今度の内蓋は、きちんと分解してお掃除もできます(普通はそうなのかな)。まあ、とりあえず、これで一安心。

それにしても、ポットや茶器、そのほかキッチン用具などは、その消耗加減や状態をこまめにチェックしていかねばいけませんね~。食品の安全に気を使っても、内蓋がボロボロととけたポットのお湯を飲んでたんじゃ、ヌケ作もいところ…。

これからは、日ごろお世話になっている道具の手入れを丁寧に! 

しっかり反省した1日でした。

(写真)

上・新しいポットです。

下・見るも無残な内蓋の一番外側のパーツ。2年弱でこうなるとは…(美しくないものをお見せしてすいません…)。

もしよろしければクリックで「日々これほうじ茶」を応援してください♪

Banner_02  人気ブログランキングへ!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年12月17日 (月)

丸八製茶場との共同開発…?

かつての仕事仲間(そして今はともだち)5人で集まって、Photo 千葉のホテルで1泊忘年会をしました。

居酒屋でガイガイわやわやとやるのもいいけれど、ある程度年齢も落ち着いてくると、こういうゆったりしたスタイルの忘年会もいいもんです。

ディズニーランドに近いホテルなので、

グループ向けの大部屋が充実。

東京駅の大丸地下で買い込んだお惣菜やワインをひろげて、仕事の話、パートナーの話、子供の話、将来の野望(笑)について……

ひたすら、しゃべって、笑って、飲んで、食べての夜でした。

で、このとき、ホテル内にあった「ナチュラルローソン」で、以前にゃうさんがコメントで教えてくださった「加賀棒茶」(130円)のペットボトルを発見!

ボトルには「丸八製茶場との共同開発」

と書かれてあります。

共同開発?

「丸八製茶場の加賀棒茶」と言い切らず、

共同開発って言葉で、微妙ににごらせるあたりに「?」を感じないでもありませんが、これを飲まないわけにはいきません!

即買いでホテルの部屋で試飲しました~。

味は…

ほうじ茶です。

茎系のすっきりしたほうじ茶です。

まあ、ふつうに美味しいです。

が、茶葉から淹れる「献上加賀棒茶」の華やかで透明感ある味わいは、残念ながらあまり感じられませんでした。

丸八製茶の名前は入っているわけだから、

間違いなくその茶葉を使っているんでしょうけど、

ペットボトルに詰めてその風味を維持するって、

なかなか難しい技術なんでしょうね。

そのあたり、もろもろの調整を重ねたことで

「共同開発」って言葉になったんでしょう。

それにしても、近頃、有名どころのお茶がペットボトルになることが多い。

確かに、私が飲料メーカーの社員だったら、

真っ先に「献上加賀棒茶のペットボトルを出したい!」と思ったに違いありません。

でも、私が丸八製茶場の社員だったら…。

「ペットボトルにしませんか?」と営業いただいても、首をたてには振らないかも~。

やっぱり、こだわりの味は淹れたてで味わってもらいたい。

そんな頭の固い社員になってた気がします。

さてさて、話は忘年会に戻ります。Photo_2

パンブログ(パン絵本)で、いつも自作のユニークかつ美味しいパンを紹介しているパン子さんが、この日、結婚間近なメンバーのためにカンパーニュサンドを持参(もちろん手作り)~。

このパンが美味しいのなんのって! 

とてもシンプルなパンだけに、

パン自体のうまみがストレートに伝わってきて、

ちょっと衝撃でした。

見た目もすばらしいでしょ?

ケーキのようにローソクを立ててお祝いです!

いろんなお惣菜を買ってきたけど、

結局このカンパーニュサンドが今回いちばんのご馳走でした~!

よろしければクリックで「日々是ほうじ茶」を応援してください♪

Banner_02 人気ブログランキングへ!

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2007年11月19日 (月)

茶都の抹茶チーズケーキ 【クリスマスバージョン】

先日、三十○歳の誕生日を迎えました。

平日のどまんなかだったので、二人でどこかへ出かけるなど特別なことは考えていませんでしたが、まあ、自分の好きな食材をたくさん使った手料理とお酒でもちょこっといただいて、のんびりお祝いを~なんて思ってました。

が、この日、夫は歯痛が復活して余裕ゼロ。

何も噛めない…というから、箸をつけるばかりになっていた料理をほったらかして、慌ててスープ食(離乳食よりもっとゆるゆる系)をいくつか作って夕食に。

「歯が痛いんだから仕方がない…」と思いつつも、「なんで今日なのよーーーーー」と内心もやもや。

しかも、気がつけばおめでとうすら言ってもらってないじゃないの!

こんなんじゃ、眠れん! と日付が変わる直前に、羽交い絞めにして無理やりおめでとうを言わせて誕生日終了~☆Photo

翌日、東京の歯科医へ飛ぶように出かけて行った夫。

前日のことを多少気にかけてなのか、帰りにケーキを買ってきてくれました。

以前もご紹介したお店、北千住マルイの「茶都」の抹茶チーズケーキ。

この抹茶を振って作ったクリスマス模様がステキです。

じつは、このケーキ先月も食べました。そのときの模様は紅葉。Photo_2

ちょっとしたアレンジではありますが、こういうコワザ、大好きです。

ケーキ自体は、レアかベークドかといえば、レアよりのクリームタイプ。底のほうに薄く抹茶スポンジと小豆がしいてあり、チーズケーキ生地が流し込んであります。

チーズケーキ部分の味は、程よく酸味が利いていてクリーミー。Photo_3

ほろ苦い抹茶がいいアクセントになっています。

まあ、自分は食べたくても食べられないケーキを買ってきてくれたという心遣いに免じ、昨日のことは水に流すことに。

世の旦那さま方、

いくつになってもどうか奥さんの誕生日は覚えていてね。

祝ってあげてね。

疲れているときでも、ひとこと「おめでとう!」と言ってあげてね。Photo_4

些細な事のようだけど、こういうことが、めぐりめぐって世界の平和につながる気がするんですよねー(オーバー?)。

(写真キャプション/上から順に)

     クリスマスバージョン

     秋の紅葉バージョン

     日本茶によく合う和テイストなチーズケーキ。後ろに移っている花柄のマグは「DUNOON」。昔の職場の先輩・Wさんからのバースデープレゼント。

     チーズケーキの器。早速、かぶの浅漬けを盛り付けたりして小鉢として使っています。

人気ブログランキングへ!

   もしよろしければクリックで「日々是ほうじ茶」を応援してくださ~い♪

Banner_02

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2007年7月31日 (火)

夏の外出には「生姜ほうじ茶」

Photo_68

我が家は夫婦そろって「冷え」に弱い体質で、「ちょっと冷えたな…」と思ったら、とたんに体調がくるうんです。

とくに、夏はお店の冷房の影響などで、冬よりガ~ンと衝撃がくることが!

なので、未病対策として、「はらまき」と「生姜(しょうが)」は必需品。

休日に車で遠出するときなんかは、生姜の絞り汁を入れた「生姜ほうじ茶」(ホット)を魔法瓶の水筒に入れたものを持参しています。

で、この水筒を持って、休日に出かけたのが…

真岡観光リス村(栃木県)

前から気になってたんですよね~、ココ。

リス村ですよ、リスの村! 村っていうくらいだから

リスがあそこにも、ここにも… モリモリいるってことですよね♪

肩や頭にちょろちょろっと乗ってきて、エサをねだるのかなあ~

可愛いだろうな~☆Photo_76

わくわくわく…

ところが…

ほとんど、リスはいませんでした。

というか、先のお客さんたちにエサをたくさんもらっておなか一杯になったので、どこかに隠れて寝ちゃってるみたい…。

で、かろうじて私たちの相手をしてくれたのが、プレーリードック。

手の上にひまわりの種を乗っけて座っていると、恐る恐るやってきて、ぽりぽり器用に食べ始めます。Photo_70

か~わ~い~い~☆

それでも、プレーリードックたちもやっぱりそれほどおなかが空いてないみたいで、食いつきがイマイチ…。

もうちょっと、相手して欲しかった…。

と、とぼとぼ今度はうさぎのエリアへ。

100円でにんじんスティックを買って、中へ入ると…Photo_71

おおおおお~!!

たちまちうさぎたちに取り囲まれ、一歩も動けない状態に!!

しゃがもうものなら、我先に!と膝の上に乗っかろうとして、押し合いへしあい。

うさちゃんたちの目的は、にんじんスティックなんだけど、なんか自分が人気者になったような感違いをしそう!っていうか、完全にしPhoto_73 てました。

たとえエサが目当てでも、モテるって気持ちいいなあ~。

キャバクラに行く男の人の気持ちってこんなかな~。

「キミはナニが欲しいんだい? そうかそうか、にんじんか~? よしよしほれほれ~」

にんじんバラまきながら、オヤジ風にうさキャバを満喫!!

それにしても、うさぎってこんなにかわいくて人懐っこいとは思わなかったなあPhoto_74 ~。

目が両側についてるから、視線を合わせられないのがちょっと残念だったけれど、十分心を癒してもらいました。

ありがとう、うさぎさん。

リス村のうさぎたち、おすすめですよ~(でも、この人懐っこさもおなかの空き具合で変わる気がしますけどね…)

Banner_02_73 人気ブログランキングへ!

どうぞクリックで「日々是ほうじ茶」を応援してください♪Photo_75

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年4月10日 (火)

花よりだんごより黒鳥の赤ちゃん

Photo_15

今日はお茶とはまったく関係のない話。

週末に桜を見に、水戸の千波湖へ行ってきました。

でも、私を夢中にさせたのは、花ではなくて黒鳥の赤ちゃん。

グレーの羽毛がふわふわしてて、かわいいかわいい~。

この湖では鳥を保護しているので、白鳥、黒鳥、カモたちがたくさん。人間を恐れることもなく、歩道や水辺でリラックスしてらっしゃいます。

写真は、シロツメグサを食べる黒鳥親子。突然やってきた近所の人(たぶん)が、袋からワシッとシロツメグサを出したら、親子は大喜びでついばみはじめました。

観光客がくれるポップコーンやパンばっかり食べてて、口の中が相当パサパサしてたんだろうか…。

ついばむ…というより、がっつきまくる5羽。Photo_16

ううう、かわいかったぞぉおおおお~!!

Banner_02_46

人気ブログランキングへ!

もしよろしければクリックで「日々是ほうじ茶」で応援してください~♪

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年11月11日 (土)

突然、1日パティシエ修行

ケーキ&喫茶のバイト5日目。本日、出勤してみると何となく雰囲気がヘン。

聞いてみると、通常は56人いる厨房のスタッフがなぜか一気に休んでしまい、社長のほかには1名しかいない状態だそう。

急遽なにもわからぬまま、私も厨房に入ることになりました。

 普段入らないその場所の扉を開けると…

「ボケッ。トロいんだよお前は!」「さっさとやれよ、ったくよお」「何度も言わせんじゃねーよ、このアホ」

ええっ、えええ~? 非常事態だからなのか、いつものことなのか、甘~いケーキを作る舞台裏は、ピリピリとしたそれはそれは恐ろしい空気に満ちていました。社会人暦15年。それなりに仕事現場の厳しい面も見てきたつもりでしたが、この種類の厳しさは未経験! 

どきどきしながら社長に指示を仰ぎ、果物の皮をむいたり、フルーツタルトの盛り付けをしたり、出来たケーキをカットして、周りにビニールシートを巻いたり、シュークリームのクリームを詰めたり…。文字で書くと「THE ケーキ屋」って感じで楽しそうなんですが、理由がイマイチわからない罵声(唯一のスタッフがやたら叱られ続けているのです…)の中でやる作業は、ついつい手元が狂うことも。

それでも、なんとかひどく怒られることはなく作業をこなし、「わりとできちゃうもんだなあ~」と、ちょっといい気になりはじめていたとき。社長に「冷蔵庫からラフランス持ってきて!」といわれて、青いマンゴーを持っていってしまった私…。

「どこから見たらこれがラフランスになるんじゃ~!」

叱られた、叱られた!とうとう叱られました! 

でも、なんででしょう。「すいませ~ん」と頭を下げながら、ちょっとだけ気持ちよかった私…。30過ぎるとここまで人にガツ~ンと大声で叱られるってことがないから新鮮だったのか、憧れの職人の世界(私は職人好きです)に足を踏み入れたようでうれしかったのか…、それとも単にMだったのか…。 とにかく貴重な体験でした。

が、喫茶に日本茶を!という案を提案する相手はこの人なんだな~と思うと、その壁の高さに思わずため息が…。

ふらふらになって家に帰り、即、湯を沸かして「こんどうわせ」でほっと一息。

のんびりした気分で飲んだこの間の1杯よりも、より一層香りがふんわりと身体に広がり、じんわり全身に染み渡る感覚! お茶の風味は心理状態や体調によっても変わってくるものなんだな~。

1杯の「こんどうわせ」に励まされ、なんとか「また、来週もがんばろう」って気持ちを取り戻したのでした~♪

Banner_02_19  人気ブログランキングへ!

 よかったらクリックで応援してください♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年11月 8日 (水)

ほうじ茶を夢見てコーヒーを淹れる

衝動的にケーキ屋のバイトを始めたことで、ほうじ茶・番茶を淹れて飲む回数が減ってしまいました。そのかわりに、日本茶以外のお茶や飲み物…コーヒー、紅茶、カフェオレ、ウインナーコーヒー、ココア、メロンソーダなど、今まであまり縁のなかったものを、1日何杯も作るようになりました。人生って何が起こるかわからない…。

お店で出す飲み物は、すべて注文が入ってから一人分ずつ作るので、結構覚えることがいっぱい。アイスコーヒーやアイスティーはリキッドを使ったり、コーヒーも多めに淹れておいて保温して出すのだと思いこんでいたので、豆を挽いたり、紅茶の茶葉をメニュー別にブレンドしたり、それらを淹れたり…という作業は、「へ~」「ほ~」の連続! ここで教わったことを、我がほうじ茶・番茶研究所(いつから…)の活動に応用して、ますます発展していこう!と心に誓うのでした。

日本茶カフェというハイカラなものがないこの田舎町で、この店の棚にほうじ茶の茶筒が並ぶ日を夢見て、明日もはりきってコーヒーと紅茶淹れちゃいます…(?)

それにしても、ほぼ1年ぶりの労働。正直身体にじわじわきています…。昨日は疲れすぎて夕飯の支度がいつものようにできず、材料をざくざく切るだけの鍋にしてしまいました。旦那さん、しばらく鍋続きでもいいですか…?

世の中には、フルタイムで働いて、家事をこなし、子育てもしているという女性がたくさんいるというのに、ほんと情けない話です…。

     よろしければクリックで「日々是ほうじ茶」を応援してください♪

Banner_02_17  人気ブログランキングへ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧